SNSでバズる、クラブ契約フリー選手のギアが注目されるワケ

新シーズンのツアー開幕と共に、プロとゴルフ用具メーカーの新契約が発表された。PGA世界ランキング100位以内の選手は、テーラーメイドからキャロウェイに移籍したジョン・ラーム、フリーからテーラーメイドに契約したトミー・フリートウッド、そして先週ファーマーズインシュランスオープンで優勝したパトリック・リード(キャロウェイからタイトリストのボール契約)の3人だと思う。コロナ禍の影響もあってか、大々的な発表はされず、短い動画や写真でサラリと告知されただけだった。

一方、SNSで話題となったのは、クラブ契約フリーになったジェイソン・デイがピンのG425ドライバー、ミズノのJPX921ツアーアイアン、ブリジストンのボールを選んだことや、ブルックス・ケプカがアイアンをミズノからスリクソンZX7に替えたこと。パトリック・リードが契約せずに使っているアイアンが沖縄のヘッドパーツメーカー”グラインドワークス”であることも話題になった。

プロがメーカーと契約する利点は、シーズンを通して自分に適したクラブセッティングを任せられること。そしてメーカーがプロと契約する利点は、ツアーでの活躍により商品の宣伝ができて販促に繋がること。だが、後者に関しては状況が変わってきているのだ。

なぜ契約フリー選手のギアは注目されるのか。その理由は至って簡単。制約のないプロが全メーカーのクラブの中から選んだものは、最高のギアに違いないから。

契約フリーのケプカがミズノJPXツアーアイアンで全米プロゴルフ選手権を勝ち取ったとき、意外なことが起きた。クラブ契約していないミズノは彼の写真や名前を出すことができなかった。世界中のゴルフ関連のウェブサイトや雑誌は、「このクラブはあのメジャー優勝者が使っていますが名前は言えないのです」と(半分面白がりながら?)こぞって情報発信した。その結果、誰もがケプカがミズノを使っていることを知る結果になったのだ。JPXシリーズがヒット商品になったのは、少なからずこれが影響していると思う。もっと言ってしまえば、私がJPXフォージドを選んだのは、少なからずこれが影響している。

契約フリーの選手は増える傾向にある。自分の動画チャンネルを持ち、クラブ試打をするプロゴルファーも増えてきた。今後ゴルフ用具メーカーは、選手に対して、SNSに対して、どのようにアプローチしていくのだろう。

話は少しズレるが、クラブ契約フリーの宮里優作のウェブサイトには、自分の使用ギアを紹介したページがある。その商品名をクリックすると、アマゾンの買物ページにリンクされる。契約を交わしていないので、リンクをメーカーのホームページにする必要はもちろんないのだが、アマゾンになっているところが面白い。実は宮里も、私のような者がそれをSNS上で共有することを狙っているのかもしれない。

ケプカの新アイアンがこれだ↓

そしてジェイソン・デイが選んだクラブがこれ↓

タイなど海外から日本アマゾンで買物する方法は下を参照してください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ギア情報
シェアする
ゴルタイ

コメント