ゴルフで使えるタイ語を学ぼう(強力アップデート)!

ゴルフのラウンド中、残り距離やグリーンのラインをキャディーに聞きたいけれど、タイ語でどう話したら良いかわからない。またはキャディーの言うことがなかなか理解できない、と悩んでいる方にオススメの内容です。以前投稿した”ゴルフ場で使えるタイ語”を、より詳しく、わかりやすくアップデートしました!

ティーグランドとフェアウェイで使える単語

▼真っ直ぐ(トントン):実際はトロントロンと言っていますがロはほとんど聞こえません
▼右(クワー
▼左(サーイ
▼右ドッグレッグはドッグレッグ・クワー、左ドッグレッグはドッグレッグ・サーイ。*ドッグレッグとはフェアウェイが左右に曲がっている形状のコースのことです
▼フェアウェイ:フェアウェイ
▼(打ったボールが)どこ行った?(パイ・ナイ?):パイは行く、ナイは何処の意味です
▼(ボールが)見つからない(マイ・ジャー):ジャーは見つける、マイは否定を示します
▼(ボールが)見つかったよー(ジャー・ラーウ):ラーウは動詞が完了したことを示します

グリーンまで残り何ヤード?と聞きたいときはどうしたらいいのかな

トゥングリーンタウライ」と言えば通じるわよ。トゥンは~まで、タウライはどれくらいという意味。またグリーン手前はグリーン・カンナー、グリーン中央はグリーン・トンガーン、グリーン奥はグリーン・カンランと言います。「グリーンセンターまで150ヤードです」はトゥングリーン・トンガーン、ロイハーシップとなるわ。

ハザード

▼バンカー(バンカー
▼バンカーにボールが落ちた(トック・サーイ):トックは落ちる。サーイは砂(”左”と同じ発音)
▼バンカー内の目玉ボール(カイ・ダオ):目玉焼きのこと。カイは卵でダオは星。
▼池ポチャ(トック・ナーム):トックは落ちる、ナームは水のこと。ゴルフでは池ポチャ
▼川(メナーム
▼OB(オービー

トックナームはゴルフで覚えた言葉だ(笑)

トックナームトックサーイの無いラウンドをしてみたいものだ。。

川を超えるには何ヤード打てば良いか知りたいときはどう聞けばいいの?

カーム・メナーム・パイ・ガイ・タウライと聞けばOK。カーム(超える)、メナーム(川)、パイ(行く)・ガイ(遠く)、タウライ(どれくらい)という意味よ。

グリーン上で使う単語

▼上り(クン):上り傾斜が強いときはマーク(とても)という副詞を付けてクン・マーク。容量が多いことを表す副詞ユーユーを使ってクン・ユーユーと言うキャディーもいますが、本来はマークが正しいです。
▼下り(ロン):下り傾斜が強いときはロン・マーク、またはロン・ユーユー
▼(グリーンが)速い(レオ):とても速い場合はレオ・マーク
▼(グリーンが)遅い(チャー
▼(パットが)強い(レーン・マーク):レーンは力強い。レーン・パイ(強すぎ)とも言います
▼(パットが)弱い(バウ・マーク):バウは弱い。バウ・バウバウ・パイ(弱すぎ)とも言います
▼曲がる(リャオ):右に曲がるはリャオ・クワー、左に曲がるはリャオ・サーイ
▼カップ(ルン
▼ピン(ピン
▼カップ内側の右半分(クワー・ナイ):”内(ない)”がナイと覚えると簡単
▼カップ内側の左半分(サーイ・ナイ
▼カップの右エッジ(クワー・パーク):パークは口のこと。カップの縁を口と表現します
▼カップの左エッジ(サーイ・パーク
▼カップの右ふちからボール1個分外側(クワー・ヌン・ボール):ヌンは数字の1。ボールはタイ語で「ルーク」なので(クワー・ヌン・ルーク)と言う場合もあります
▼カップの左ふちからボール1個分外側(サーイ・ヌン・ボール
▼カップの右ふちからカップ2個分外側(クワー・ソーン・カップ):カップをルンと言う場合もあり
▼カップの左ふちからカップ3個分外側(サーイ・サーン・カップまたはサーイ・サーン・ルン

 

気をつけなければならないのは、キャディーはボールが転がるラインをアドバイスするのではなく、ボールを打つ方向をアドバイスするってこと。例えばスライスラインで、カップ左にボール2個分狙うべきときは「サーイ、ソーン・ボール」と言うのよ

スライスラインはボールが右に曲がるからクワーじゃないのか!

狙う方向をアドバイスしますので、クワーと言ったら右を狙う、サーイと言ったら左を狙うと覚えてください。誤解のないように、手で方向を示してコミュニケーションを取り合うと良いですね!

タイのキャディーはゴルフをしない人がほとんどです。頑張ってラインを読んでくれますが、最後はプレイヤーが自分でラインを決めましょう。キャディーのライン読みが間違ってたからスコア悪かったなんて言わないよーに!

ゴルフ道具の呼び方

▼ドライバー(ドライバー
▼ウッド(マイ):マイの後ろに数字を付けて番手を表します。例えば3番ウッドはマイ・サーン、5番ウッドはマイ・ハーとなります
▼ハイブリッド:ハイブリッド。オカマちゃんという意味の(ガターイ)と呼ぶ人もいます。日本独自で使われているユーティリティという単語は通じないかも。
▼アイアン(レック):ウッドと同様に数字を後に付けて番手を表します。例えば6番アイアンはレック・ホッ、7番アイアンはレック・ジェッ
▼ウェッジ:ピッチングウェッジはピッチング、サンドウェッジはサンドウェッジで通じますが、アプローチウェッジは通じません。たくさんウェッジがあるとキャディーが混乱するので、ロフトの数字で呼ぶ人も多いです。例えば56度ウェッジはハー・シップ・ホッ(ハー5、シップ10、ホッ6)と呼びます
▼58度ウェッジをください(アウ・ハーシップ・ペー):アウは欲しい、ハーシップ・ペーは数字の58
▼パター(パター
▼ボール(ボールまたはルーク
▼ティー(ティー
▼マーク(マーク

天候

▼風(ロム):向かい風はロム・ターン・カンナー、追い風はロム・マー・カンラン。アゲインストとフォローで通じることも稀にあります
▼雨(フォン・トック
▼傘(ロム):麻雀のロン!に似た発音です。風のロムはイントネーションがなく低い音です
▼暑い(ローン):ローーンと長く暑そうに発音すると通じやすいです
▼寒い(ナーウ):これもナーーウと寒そうに発音してください!

その他知っておくと役立つ単語

▼上手くボールに当たらなかった(ティー・マイ・ディー):ティーは英語のHitで当てるという意味。ドーン・マイ・ディーとも言います。ボールがトップしたときは(トップ)で通じます
▼難しい(ヤーク):とても難しいはヤーク・マーク。深いラフで苦戦したときなどに使えますね
▼楽しい(サヌック):とても楽しいはサヌック・マーク。ラウンド後にキャディーさんに「とても楽しかったよ」と伝えるときに使えます
▼喉が乾いた(ヒウ・ナーム):ヒウはお腹が空いたという意味
▼便所に行ってくる(ジャ・パイ・ホン・ナーム):ジャは英語のwillでパイはgo。ホンは部屋のこと。水の部屋で便所の意味になります
▼食事する(ギン・カーウ):ギンは食べる、カーウはご飯
▼ロッカールーム(ロッカー):ホン・ロッカーというときもあり
▼シャワー(アプ・ナーム):アプは浴びるという意味
▼ホール(ルン):1番ホールはルン・ヌン、2番ホールはルン・ソーン
▼カート(カート):語尾の”ト”はほとんど発音しません。「ロット(車)・ゴルフ」と言う場合もあります

【番外編】マッスてなに?

キャディーの中には日本語が少しわかり、右や左など簡単な日本語で説明してくれる人もいます。ただ、その中で「マッス」という不思議な言葉があります。初めて聞いたときは自分の知らないタイ語かと思っていたのですが、実は「真っ直ぐ」のことでした。日本人が発音する真っ直ぐは「ぐ」の部分が聞きづらいため、タイ人キャディーの間で「まっす」と広まってしまったようです。

以上、上級者向けタイ語になってしまったかもしれませんが、自分に必要な最低限だけでも覚えて使ってみてはいかがでしょう。スコアアップに繋がる楽しいゴルフになれば幸いです。

勉強になった。一生懸命覚えるぞーっ

スースー!(タイ語で頑張って!)」

 

さらにタイ語を磨きたい方は、タイ語のみでゴルフの電話予約をする講座をどうぞ↓↓

ゴルタイのSNSをフォローしよう

ゴルタイのフェイスブックツイッターでは、このサイトには掲載しない様々なタイのゴルフネタを毎日発信しています。例えばゴルフショップのセール情報、新製品の試打会、掘り出しモノ中古品、ゴルフ場の速報、気になるゴルフ動画などなど。是非フォローして最新情報をゲットしてください。

ゴルタイLINEも始めました!以下のボタンをクリックするか、QRコードをスキャンして友だちに加えてください!

เพิ่มเพื่อน

コメント