ゴルフ動画を作ろう!【機材編】:動画撮影に適したカメラはどれ?

最近はYouTubeなどの動画サイトにたくさんのゴルフ動画がアップされていますね。ゴルタイ編集Kもプライベードのラウンドを撮影して動画編集することがあります。自分のスイングを見て改善点を見つけたり、一緒にラウンドした友人と動画をシェアして楽しんでいます。読者のみなさんもゴルフの動画撮影に興味を持っている方はたくさんいるのではないでしょうか。今回はゴルフ撮影に適した撮影機材について説明したいと思います。

デジタル一眼カメラ、コンデジ、ハンディカム、アクションカメラ、それともスマホ?

撮影機材はいくつかのグループに分けられます。まずはプロカメラマンが使用する機能満載のデジタル一眼カメラ。それから操作簡単でコンパクトなボディーのコンパクトデジタルカメラ(通称コンデジ)、そして長時間撮影やズームなどの機能があるハンディカム、近年流行りのアクションカメラ、そして誰もが持っているスマートフォンです。どれも一長一短があります。詳しく掘り下げてみましょう。

デジタル一眼カメラ

デジタル一眼カメラの最大の特徴は、レンズ交換ができることです。広角レンズやズームレンズなど用途に応じて様々なレンズを付け替えて撮影することができます。また動画を撮影する上で非常に大切なセンサーのサイズが大きい点も長所。デジタル一眼カメラには、通常の一眼レフカメラのほかに、ミラーレス一眼カメラというものもあります。これは一眼カメラよりコンパクトなボディーで、価格も少し抑えて、一眼カメラに近い高品質の動画が撮影できます(ミラーレスの構造は複雑ですので省きます)。

デジタル一眼カメラは高性能ですが、値段が高いことが短所です。レンズのないボディ単体で20万円以上します。旅行など他に使う目的があれば別ですが、趣味のゴルフ動画だけのためにデジタル一眼カメラを買うのはあまりオススメしません。またボディーが大きくて重く、操作方法も複雑ですので、自分もラウンドしながら撮影する機材としては不向きです。カメラが始めての方はこの次に紹介するコンデジを試してみるのが良いでしょう。

そのようなデメリットはありますが、目を奪われるような美しい撮影でどうしても撮影したい!ゴルフ以外にも旅行や仕事でもがっつり使うという人であれば、デジタル一眼カメラが絶対オススメです。長年使えばコンデジよりコスパは良いかもしれません。2020年12月現在で人気のある機種をご紹介します。

キャノンEOS R6 ボディ

有効画素数約2010万画素フルサイズCMOSセンサー、映像エンジン「DIGIC X」を搭載した「EOS Rシステム」のフルサイズミラーレスカメラ。電子シャッターによる撮影時は最高約20コマ/秒の高速連写を実現。「デュアルピクセル CMOS AF II」による快適なAF性能を備えている。最大8.0段の手ブレ補正による快適な撮影が可能。4K/60Pの動画撮影ができ、臨場感のある映像表現を楽しめます。

ソニー フルサイズミラーレス一眼 α7C レンズキット

フルサイズセンサーを小型ボディに搭載!世界最小・最軽量*¹のフルサイズミラーレス一眼『α7C』。 妥協なき表現力とかつてないコンパクトさを両立し、ソニーのEマウントボディではすべてのEマウントレンズが使用可能。豊富なラインナップからお好みのレンズを選んで頂けます。

FUJIFILM ミラーレスデジタルカメラ X-S10 ボディ F X-S10

465g の小型軽量ボディに新開発の手ブレ補正機能と高速・高精度 AF 機能を搭載。軽量で高剛性のマグネシウム製グリップを搭載し、高いホールド性を実現。多彩な色調を表現するフィルムシミュレーションにより卓越した画質を実現。6K相当の豊富なデータ量から4K映像を生成することで、ノイズの少ない高精細な映像を実現。「X シリーズ」の本格的な撮影機能を備えつつ、より快適に高画質な写真撮影を可能とするミラーレスデジタルカメラです。

コンパクトデジタルカメラ

コンパクトデジタルカメラはその名の通り、ボディーが小さくて軽いのが特徴です。持ち歩きやすく、ゴルフの動画撮影に適した機材といえるでしょう。三脚に置いて使うとより便利です。

コンデジは近年、目まぐるしく進化しています。静止写真の撮影より、動画を撮影するユーザーが増えたからです。ユーチューバーの存在も大きく影響していて、自撮りが簡単にできるコンデジも増えています。この機能は、ゴルフの場合でも同伴者と自分が一緒に楽しんでいる雰囲気を撮影するのに適していますよね。さらにデジタル一眼カメラより価格が安く、10万以下で手に入るモデルもあります。手ブレ補正機能があり4K撮影が可能なモデルもあります。

コンデジの短所は、小さなボディーであるがゆえの小さなバッテリーです。私がプライベートのゴルフラウンドを動画撮影すると、平均で約90分になります。コンデジで90分動画撮影が可能なバッテリー装備のモデルはありません。そのため最低2個以上のバッテリーが必要です。私は予備バッテリー1個と、充電用のモバイルバッテリーも持参しています。常にバッテリー消耗を確認しながらプレーしなければならないのは少々面倒ですけど、操作もそれほど複雑ではないので初めてゴルフ動画を始める方にはオススメです。*モバイルバッテリーについては、「ゴルフ動画を作ろう!【アクセサリー編】」で詳しく説明します

2020年12月現在で人気のある機種をご紹介します。

ソニーVLOGCAM ZV-1

日常や旅行先での情報発信、商品レビューやメイクアップ動画などのVlog(ブイログ)コンテンツ撮影に特化したデジタルカメラ。自撮りの背景をボケ・くっきりに切り換えられる「背景ボケ切り換え」、顔と商品のスムーズなフォーカス移動ができる「商品レビュー用設定」を搭載。自撮り時に握りやすいグリップやバリアングル液晶モニターを備えている。高画質性能や美しいぼけ描写、高いAF性能、肌色と顔の明るさの最適化を実現。

FUJIFILM デジタルカメラ X100V

機能美溢れる洗練されたデザインのボディに、新開発の高性能レンズを搭載。最新のイメージセンサー・画像処理エンジンも備え、独自の色再現による高画質を実現します。また、光学式・電子式を切り替えられる「アドバンスト・ハイブリッドビューファインダー」をさらに進化させるなど、「ファインダーを覗いて撮る」撮影スタイルを追求しました。

他にも動画撮影が可能なコンデジはたくさんありますが、今買うとすればこの2択になるでしょう。どちらも素晴らしいです。

ハンディカム

ハンディカムはソニーが製造販売するレコーダー一体型ビデオカメラのことで、子供の運動会を親が撮影するのテレビのコマーシャルを知っている人もいるでしょう。非常にコンパクトかつ軽量で、長時間の動画撮影を目的に開発された商品なので、数年前までは大ヒット商品でした。

状況が変わったのは、上に挙げたデジタル一眼カメラとコンデジが動画撮影の機能を進化させたから。デジタル一眼カメラはハンディカムより大きいセンサーを装備し、交換可能なレンズで格段に美しい動画が撮影できるようになり、安価なコンデジも4Kに対応した撮影ができるモデルが次々に発表されて、ハンディカムはセールスポイントを失ってしまったのです。それからソニーはハンディカムの新製品を積極的に出さなくなりました。

そうは言っても、ゴルフにおいてハンディカムが便利な点はあります。まず大量の内蔵メモリー(64GBが主流)が装備されていること。ソニーによれば64GBで4Kの60Mbps(24p)の動画撮影が2時間可能ですので、私が1ラウンドのゴルフを普通に撮影するのに十分です。

https://www.sony.jp/

内蔵メモリーに加えて、長時間撮影できる大型バッテリーが付属されていることもハンディカムの長所です。ソニーによると、この付属バッテリーで160分の4K動画撮影が可能とのことです。別売りの大型バッテリーをつければ、さらに長時間の撮影ができます。つまり、ハンディカムを買えば何も気にせずにゴルフに集中しながら撮影ができてしまうというわけです。これが実はとても重要なことで、私の経験上、カメラバッテリーのことを気にしているとゴルフに集中できずスコアが悪いです!

ハンディカムのオススメ商品は以下の通り。

ソニー ビデオカメラ FDR-AX45 4K 64GB

手持ち撮影や、ズーム時でもブレない独自の「空間光学手ブレ補正」機能を搭載したデジタル4Kビデオカメラ。専用開発の「Exmor R CMOSセンサー」や「ZEISSバリオゾナーT*」レンズ、新世代画像処理エンジン「BIONZ X」を搭載。20倍光学ズームに加え、4K記録時30倍、HD記録時40倍の全画素超解像ズームが可能。遠くの風景や人物の画質を保ち撮影できる。

ソニー 4Kビデオカメラ Handycam FDR-AX700

従来モデルの約3倍高速なAFレスポンスで動きの速い被写体も瞬時に捕捉する「ファストハイブリッドAF」を採用した、4K対応ビデオカメラ。光学ズーム12倍レンズを採用しているほか、手前から奥の被写体にフォーカス移動できる「レンズリング」も装備している。スマートフォンと接続して離れた場所からリモート操作が行えるNFC通信機能を本体に搭載している。

アクションカメラ

Goproに代表されるアクションカメラも近年人気です。ゴルタイ編集KもGopro7Blackを愛用していますが、非常にコンパクトで荒く扱っても問題ないタフなボディは屋外向き。購入した頃はゴルフ撮影にも何回か使用しました。ところが魚眼レンズによるディストーション(歪み)が出てしまうのが気になりました。魚眼レンズ機能をオフにしてもそれは完全にはなくならず、動画編集ソフトでいちいち修正しなければなかったので現在はゴルフに使っていません。ソニーのアクションカメラも同様ではないでしょうか。対象物がカメラの中心にある場合や、対象物が動く(あるいはその周囲が動く)場合には威力を発揮しますが、広々としたゴルフ場で撮影すると人物がとても小さくなり、景色が歪むので個人的にはオススメしません。

例を見せましょう。下の2枚の写真は同じゴルフコースの同じホールの同じフェアウェイバンカーで撮影したものです(偶然見つけました。。。良く入れるのですよ笑)。上がコンデジ、下がGoproで撮影したもの。アングルが異なり天気も違いますが、下の画像は人物と背景のそれぞれのバランスが歪んでいるのがわかると思います。

コンパクトデジタルカメラで撮影した動画の一部
Goproで撮影した動画の一部(PCで修正前のデータ)。めちゃめちゃ短足で背景も平たく湾曲してしまっています

スマホ

さて、ここから話が少しややこしくなります。というのも、上に挙げた商品と同様に、スマホの動画撮影機能も格段に進化しているからです。iPhone12 Pro、ギャラクシーNote200Ultra、Xperia 5II、HUAWEI Mate 40 Proなどなど、動画撮影を売りにしたモデルが続々発表され、その機能はコンデジを勝るとも言われています。

日本では人気のないHuaweiは米国を除く海外では売れています

スマホをゴルフ動画で使うとなると、ポケットに入れたまま軽快に撮影ができるのが最大の利点ですね。上に挙げた最新機種は手ブレ補正機能も優れているので、両手でスマホを構えて撮影すれば、多少の揺れは気にならないかもしれません。もし自分がボールを打つ時にスマホを持ってくれる人がいない場合は三脚を使う必要がありますが、非常に軽量なので持ち運びは容易です。またスマホで撮影すると友人とシェアするのも簡単ですし、アプリで編集して動画サイトにアップロードするなんてこともできます。

スマホの短所としては、操作ミスが起こりがちなことです。薄くてコンパクトなボディなので左手にゴルフグローブをしながら操作するのは時として難しいですし、同伴者に撮影をお願いする場合も同様な操作ミスが起きる可能性があるでしょう。またモバイルバッテリーは必須となります。そして動画を記録する容量も考慮する必要があります。iPhoneは外部メモリーが使えないので、ゴルフ動画だと最低128GBないと厳しいですね。さらにスマホ撮影で気をつけなければならないのは、端末を傷つけないようにすることです。三脚に載せてカートで移動していると、スマホのスクリーンやレンズをカートにぶつけてしまうこともあります。そういう点では、ある意味”雑に使える”タフなカメラの方が使い勝手が良いと言えるでしょう。それから当たり前のことですが、撮影中は機内モードに設定する必要があるので通話など他の機能は使えません。

冒頭に”話がややこしくなる”と書いたのは、デジタル一眼カメラ、コンデジ、ハンディカムの中から自分に合ったものを見つけるのは容易なのに、スマホが選択肢に入った途端に頭がこんがらがってしまうからです。おそらく大半のみなさんはコンデジとスマホで迷うことになるでしょう。販売価格はほぼ同じ。どちらの長所短所も理解した。ところが選択の決定打が見つからない。どうしたらいい!?こうなると、最後に残された方法は一つ。コンデジとスマホで撮影された動画を見比べて、自分の好きな方を選ぶしかない。さっそく見比べてみましょう!

スマホとコンデジの動画比較!

わかりやすいように、ゴルフ場で撮影した動画を探してみました。まずは武井壮氏の動画(ソニーZV-1使用)。

宮里優作にゴルフ教わってきた!!

次に小平智プロの動画(iPhoneか定かではないがスマホ使用)。

【対決】アメリカツアー組、集結!!世界ランキング現6位畑岡奈紗プロ。アメリカツアー参戦中の河本結プロと対決!!

武井氏の動画は天候が悪いことも影響してか、被写体の輪郭と色がぼんやりしているように見えますね。一方、小平プロの動画はシャープで空の色もきちんと出ています。一方でスマホ動画は風の音が気になりますね。風のノイズはウィンドスクリーンを別途で購入しなけらば解決しませんが、ソニーZV-1はなんと標準装備。手ブレ補正はどちらも同じくらいですね。ではどちらが良いでしょうか。うーん、どっちかな。。ね、ややこしいでしょ(笑)

これはゴルタイ編集K個人の意見ですが、普段カメラを使わない人がなんの設定もせずに普通に撮影するのであれば、スマホの方が便利でクオリティの高い動画がとれると思います。一方、旅行などで動画撮影をある程度経験していて、動画ソフトで編集にも拘りたいという人であればコンデジをオススメします。コンデジは設定を変えることでかなり表情の異なる動画を撮影することができるからです。以上、みなさんの参考になれば幸いです!

*動画編集ソフトについては、「ゴルフ動画を作ろう!【動画編集編】」で詳しく説明する予定ですのでご期待ください!

ゴルタイのSNSをフォローしよう

ゴルタイのフェイスブックツイッターでは、このサイトには掲載しない様々なタイのゴルフネタを毎日発信しています。例えばゴルフショップのセール情報、新製品の試打会、掘り出しモノ中古品、ゴルフ場の速報、気になるゴルフ動画などなど。是非フォローして最新情報をゲットしてください。

ゴルタイLINEも始めました!以下のボタンをクリックするか、QRコードをスキャンして友だちに加えてください!

เพิ่มเพื่อน
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ギア情報
シェアする
ゴルタイ

コメント