タイでゴルフを始めよう:これさえ知っておけば大丈夫!初心者ガイド

「タイに住んでいるからゴルフに多少興味はあるけれど、何から準備したら良いかわからない」
「会社の同僚や取引先から誘われたけど、タイでゴルフしたことがない」
「今度タイ旅行に行くときはゴルフもしたい」
そのような方には必読のゴルフ入門です!
内容はリンク記事を加えるとかなりの量ですが、わかりやすく紹介していきます。

そもそもタイのゴルフって1回いくらするの?

ゴルフ場で1回プレーするには、1)グリーンフィー(ゴルフ場使用料金)、2)キャディーフィー(キャディー料金)、3)カート代(オプション。強制のところもあり)、4)キャディーのチップを支払う必要があります。

グリーンフィーには、シャワーとロッカールーム使用料が含まれますが、レストランの食事代は含まれません。カートを使わず歩いてゴルフをすることもできますが、タイは気温が非常に高く日差しも強いので、初めてゴルフをするときはカートを使うことをオススメします。

カートは熱中症予防にもなりますよ

グリーンフィーは、ゴルフ場のグレード(プロの試合が開催されるコース、有名な設計家がデザインしたコース、豪華な施設を備えたコースは高額)、立地条件(都心部に近いと高額)、曜日(土日祝日は平日より割高)、スタート時間(通常は午前スタートの方が午後より割高。稀に逆のゴルフ場もあります)によって料金が大幅に異なります。バンコク都心部から車で1時間以内にあるゴルフ場には、グリーンフィーが1,000バーツ以下のところもあれば、4,000バーツ以上のところもあります。そして週末と祝日のグリーンフィーは、平日の倍以上する所がほとんどです。さらに週末は平日より混んでいますので、選べるのであれば平日プレーした方がお得です。

キャディーフィーも、ゴルフ場のグレードによって変わりますが、グリーンフィーほどではありません。バンコク近郊のゴルフ場だと350~400バーツが相場です。カート代は600~900バーツぐらい、キャディーへのチップは個人によって異なりますが、最低300バーツ(+バーディーが出たらボーナスB100)が一般的です。*上記数字は全て2022年9月現在

スポーツデイ(sports day)という割引料金でラウンドできる曜日(平日)を設けているゴルフ場もあります(毎週月曜日は20%オフなど)。さらにグリーンフィー、キャディーフィー、カート代を合わせたパッケージ料金があるゴルフ場も多いので、予約する前に調べておくと良いでしょう。*パッケージ料金にキャディーのチップは含まれません

ゴルフ場によって全然値段が違うんだね

バンコク近郊のゴルフ場は、平日のパッケージで2,000バーツ以下、週末でも午後スタートなら2,000バーツ前後でプレーできるところがあるわよ。キャディーさんへのチップ、食事代、そして交通費などは別途なことをお忘れに。

ゴルフ初級者、または観光でタイを訪れる人は、客が少ない平日がオススメだよ。のびのびプレーできるからね。週末は午前中が混むので、遅いスタート時間を選びましょう。

タイのゴルフが日本と異なること

タイのゴルフで最も特徴なのが、プレーヤー1人につきキャディーが1人つくことです。キャディーの仕事はプレーヤーのゴルフバッグを運ぶだけでなく、ボールをどの方向に打つべきか、グリーンまでの残り距離がどれくらいなのかアドバイスをくれたり、プレーヤーのボールを磨いたりバンカーの均しをしたりと、プレーヤーの相棒であり世話役でもあります。

タイのキャディーは、日差しの強いときは日傘を持ってくれたり、飲み物を渡してくれたり、グリーン上のボールマークもしてくれます。スコアカードを書いてくれるキャディーもいます。でもゴルフ初心者の方は、これが当たり前と決して思わないように。海外のゴルフ場では、プレーヤ本人がしなければならないことなので。

もう一つ日本と異なることは、18ホールをスルー(続けて)でプレーすることです。日本の多くのゴルフ場では9ホールを終えると食事休憩があり、それから残りの9ホールを続けます(近年はスルーも増えていますが)。ハーフ後の食事休憩は日本独特の文化で、タイを含む海外ではありません。18ホールを全てプレーして、ゴルフシューズに付いた芝や泥をエアガンで取り除くエリアに行き、それから駐車場へ向かい車にゴルフバッグを載せて、キャディーにチップを払い、クラブハウスに戻りロッカールームでシャワーを浴びて、最後にレストランで食事を摂るのが一般的な流れです。

キャディーを指名するメリットはあるの?

タイのゴルフ場は、お気に入りのキャディーを指名することもできます。ゴルフ初級者の方にはあまりお勧めしませんが、キャディーを指名するとどんなメリットがあるのか、下の記事にまとめました。

ゴルフに必要なもの

ゴルフをしたことがない方のために、用意するものについても簡単に説明します。

ゴルフクラブとキャディーバッグ

初心者の方は、中古のゴルフクラブから始めるのがオススメです。可能であれば、安くて品揃えが多い日本で買うのが良いでしょう。キャディーバッグは奮発して新品を買っちゃいましょう!タイに在住している方は、日本に一時帰国したときに免税で購入するのがベスト。ヴィクトリアゴルフ、ゴルフ5,ゴルフパートナーなど、ほとんど大手ゴルフショップは免税店として登録しています。

詳しくは下の記事を参照してください

ゴルフウェアとゴルフシューズ

格好良いゴルフウェアとゴルフシューズを揃えるのもゴルフの楽しみの一つです。

タイのゴルフ場は、クラブハウスでジャケットを着用する必要はありません。ゴルフコースではタンクトップ、サンダル、ジーンズは禁止されていますが、ラウンド後はTシャツとジーンズでクラブハウスやレストランに入ることができます。

年に数回しかラウンドしないのに、高額のゴルフシューズを買うのはチョットなぁと悩んでいる人へ。タイのゴルフ場はスニーカーでラウンドしても大丈夫です(禁止しているゴルフ場を聞いたことがありません)。ただしスニーカーは芝に対してグリップ力が無いので、ゴルフスイングで足が滑ることがあります。ゴルフ場でも普段用としても使えるシューズが欲しい人には、トレイルランニングシューズがオススメです。私は常にこれを履いてゴルフしています。詳しくは下の記事を読んでください。

ボールはロストボールがオススメ

新品のゴルフボールは1ダース(12個)で1,500~2,000バーツと高価なので、初級者にはロストボールがオススメです。ロストボールとは、ゴルフ場の池に落ちたり、紛失したボールのことです。それらを回収したボールが、ゴルフ場や、ゴルフショップで売られています。下の写真はゴルフショップがたくさん集まるタニヤプラザで売られていたもの(下に地図)。同じメーカーのボールでも、キズや色の状態で値段が異なり、安いものは300バーツ前後、新品同様な状態だと700バーツ前後します。タニヤプラザはオフィスと商業施設が融合したビルで、何十件ものゴルフショップが入居していますので是非一度は足を運んでみてください。*ロストボールを買うときは「もうちょっと安くしてくれない(ロット・ダイマイ、またはディスカウント・ダイマイ)?」と値段交渉しましょう!

下は2021年1月に改装したタニヤプラザについて書いた記事です。

ティーイングエリアで打つときに使うティー

ティーイングエリアでの1打目は、ボールをティーという棒の上に乗せて打ちます。様々なタイプがありますが、まずは1セット買ってゴルフバッグに入れておくと良いでしょう。下の写真のようにドライバー用の長いティーと、アイアンなどで使う短いティーの2種類が必要です。

ゴルフグローブ

右利き用のクラブを持つ人は左手にグローブをつけます(女性は両手グローブしている人もいます)。グローブもティー同様、様々なメーカーがいろいろな商品を販売しています。必ず手に入れて試してから買うようにしてください。指にフィットして多少きつく感じるぐらいのサイズを選ぶと良いでしょう。

熱中症の予防と対策を万全にしましょう!

1)日焼け止めクリーム、虫よけスプレー

2)ゴルフ用傘(軽量で大きなサイズがオススメ)

3)ラウンド中に食べる携行食(チョコレートやナッツ類、塩飴など)

4)水筒

ゴルフ場内には飲み物や軽食を販売するキヨスクが3ホールごとくらいにあるけど、ゴルフバッグに食料と飲み物を入れておくと安心よね。

早朝だとお店がまだ開いてないなんてこともあるからね

日焼け止め対策、水分補給、塩分・糖分補給、茶屋での休憩は必ず心掛けてください。運動を開始してからは、ただ水を補給するのではなく、適量の塩分を摂ることが大切です。詳しくは下の記事を参照にしてください。

それから日差しが強いタイでは、サングラスを用意すると目の疲れが軽減されます。松山英樹や畑岡奈紗が使用しているオークリーからは、芝目がよく見えるゴルフ用レンズPRISM GOLFが装着されたゴルフ用サングラスも販売されています。実際に使ったレビューは以下を参考にしてください。

ゴルフ場には蚊やブヨなどが大量に発生します。虫除け対策は必ずしておきましょう。おすすめの虫除けグッズを下の記事で紹介しています。

まずは練習場から始めよう!

以上、ゴルフをするのに必要なものをご紹介しましたが、ゴルフ初心者の方はまず練習場でボールを打つ練習から始めましょう。せっかくゴルフ場に行ってもボールが打てなければ楽しみも半減してしまいますからね。

練習場での撮影に便利!

ゴルフ練習場での撮影用には、ESRのHaloLock写真撮影ホルダーが便利です。マグネットでスマホを簡単に磁気吸着できるので、撮影中に電話がかかってきてもすぐに取り外すことができます。

下は実際に練習場で使っているときの写真です。スマホを三脚に取り付ける手間もなく、マグネットにサッとスマホを装着して録画できるのは本当に快適でした!

アンドロイドだし、マグネットなんて興味ないよ!という方には、下のホールダーが便利です。スマホを装着した状態でテーブルに置くこともできるし、キャディバッグにクリップで取り付けることもできます。

いよいよゴルフ場デビュー!

ボールを打つことに慣れてきたら、ゴルフ場に行きましょう!ゴルフ場では他のお客さんもプレーしていますので、迷惑を掛けない程度のスピードでプレーするよう心掛けましょう(後ろで長く待っているグループがいたら、次のホールで先に行かせましょう)。それだけ気をつければ、ゴルフは本当に楽しいスポーツです。緊張せずに、思い切りスイングして楽しみましょう!!

ゴルフ場の予約の仕方は、以下を参考にしてください。

ゴルフで使えるタイ語を習得すると、ゴルフが2倍楽しくなりますよ!

上達が早くなるゴルフスコアの書き方も読んでおきましょう。絶対に役に立ちますよ!

どこがオススメのゴルフ場ですか?

タイでオススメのゴルフ場はどこですかとよーく聞かれます。ゴルタイでは「それを決めるのは読者さんです」と回答しています。ゴルフ場はレストランと似ていて、食べたいものは毎日変わります。家の近所で簡単に済ますときもあれば、遠出してちょっと豪華にしたいときもある。かと言って全ての高級レストランが必ずしも美味しいということもなく、安く激旨の店も多いですよね。タイの名門と言われるゴルフ場は感動させられることが確かに多いですが、リーズナブルなゴルフ場で最高の時間を過ごした経験も多々あります。いろいろなゴルフ場をラウンドして、あなたのオススメを探してみてください!

ゴルタイのSNSをフォローしよう

ゴルタイのフェイスブックツイッターインスタグラムをフォローして、新着記事をゲットしてください。ゴルタイLINEもやってます!以下のボタンをクリックするか、QRコードをスキャンして友だちに加えてください!

เพิ่มเพื่อน

コメント