トレランシューズは未来のゴルフシューズ!

林道や登山道などを歩いたり、走るために開発されたトレイルランニングシューズ(通称トレランシューズ)。私は数年前からこれをゴルフ用シューズとして履いています。 今回はトレランシューズの特徴、トレランシューズを選んだ理由、そしてゴルフシューズと比較をレビューします。ゴルフシューズが自分の足に合わない方、たまにしか行かないのでゴルフシューズ購入をためらっている方には、特に読んでいただきたい内容です。

トレランシューズの特徴

トレイルランニングシューズと聞いて、登山靴を想像する方は少なくないでしょう。登山靴と最も異なる点は、走ることを目的に作られているので非常に軽量なことです。そして、軽量ながら登山靴のようなタフな作りになっています。ソールは土・草・岩の路面を快適に走れる特殊な形状と素材を起用し、アッパーは泥・雨・ホコリに対応できる、速乾性にも優れた素材が使われています。耐久性に優れ、スニーカーと変わらない軽さと柔らかな履き心地を実現しているところが特徴です。

https://www.cleverhiker.com/

カジュアルなデザインで、派手な色のモデルが多いです。

https://gearjunkie.com/

小川や泥道などの悪条件も走破できるよう、防水機能が付いたモデルもあります。

https://outdoorsmagic.com/article/best-trail-running-shoes-reviewed/

なぜトレランシューズでゴルフ?

私がアルトラ(ALTRA)というトレランシューズでゴルフを始めたきっかけは、普通のゴルフシューズが自分の足に合わなかったから。アルトラの存在を知るまでは、様々なメーカーのゴルフシューズを履いていましたが、私の幅広い足にフィットするものはありませんでした。

これらは集めたのではなく、痛みが原因で集まってしまったのです。。

ショップで試し履きしたときは良いのですが、実際コースで18ホール歩くと、足に水ぶくれができたり、爪の内側が内出血になりました(決して店のフィッターのせいではなく、自分の足が幅広なのです)。そこでインソールを変えたり、厚さの違うソックスを履いたり、バンドエイドを貼ったりと、試行錯誤しました。ですがどれも解決策にはならず、また新しいゴルフシューズに手を出して失敗するという悪循環。ついにはゴルフより痛みのことが気になって、行く回数が激減しました。

そんなある日、下の衝撃的な画像をネットで発見したのです。アルトラの存在を知った瞬間でした。

https://www.altrarunning.com/blog/altras-core-3.html

左が一般的な靴を履いたときの足の形状、右がアルトラを履いたときのもの。一般的な靴は足の指が窮屈に曲がっていますが、アルトラの靴は靴の先端が広く、足の指がしっかり伸びている。自分の足と同じ形じゃないか!これが自分が求めていたものだと直感し、すぐ購入しました。

ゼロドロップーアルトラのもう1つのコンセプト

私が選んだのは、アルトラのモデルで最も人気のあるトレランシューズ、ローンピーク(Lone Peak )4.5。

商品紹介を読んでみると、アルトラはより速く走るためのシューズではなく、人間が自然に「直立」「歩行」「走行」する上で最も効果的なシューズを開発しているとありました。この創業者の父がマラソンランナーで膝を故障し、数あるスポーツの中でマラソンランナーが最も足を故障するという点に疑問を感じたのが開発の始まりで、そこで生み出されたのがTOE BOX(足の指の部分)に余裕をもたせて、前足部が地面に接地した時に横アーチが衝撃を吸収しながら沈み、指先が広がるようにするデザインだったそうです。


そして素足の歩行と同じ状態を作り出すゼロドロップというコンセプトも、アルトラの大きな特徴の1つです。これはヒール部分とつま先部分の比率が1:1、つまり地面からの距離が同じなのです。ほとんどの靴は地面からの距離がヒール2:つま先1の比率になっている(つまり、かかとの位置がつま先より高い)。ゼロドロップは平らな面を素足で歩行するのと同じバランスなので、「ヒールストライク」を減少し、着地面積を広げる。それが自然で正しい姿勢とアラインメントを保ち、関節、腱にかける衝撃を劇的に減らす効果があるのだという。走るのみならず、歩く運動でも、不自然な姿勢の状態をただし、人間のもっともバランスの取れた自然な状態を作り出すシューズ。これがアルトラのコンセプトなのです。

早速これを履いてゴルフを半年続けてみました。

まず感じたのは、履き心地の良さです。ローンピーク4.5は298gと軽量で、柔らかさとクッション性もスニーカーとほぼ同じ感覚。以前履いていたアディダスのゴルフシューズ、フォージファイバーも軽量を特徴とするモデルですが370gあり、明らかにローンピーク4.5の方が軽快でした。

ちなみにミズノの長年のNO1ゴルフシューズ「JENEM」は以前420gもありました!2021年12月に発表されたWAVE HAZARDのメッシュは若干軽そうだけど。。。しかしこのデザイン、トレランシューズの広告みたいだ。

https://www.mizuno.jp/golf/shoes/wave_hazard.aspx

ゴルフシューズの重さについては、昔から議論されていました。「若干重い方が疲れない」と主張する人も少なくありません。しかし近年のゴルフシューズの傾向を見ると、軽量化は確実に進んでいます。軽量かつ履き心地が良いシューズが、今後もゴルフシューズ進化のベクトルであることは間違いないでしょう。

話をアルトラに戻します。アルトラの特徴である足の指の部分が広くなっている形状は、5本指ソックスを履いても指を思い切り広げられるほど余裕があり、アドレスで地面を掴み踏ん張ることができました。そして18ホール歩いても、足はどこも痛くなりませんでした。これならゴルフを続けられる。靴擦れで絆創膏が手放せなかった私でしたが、この日から絆創膏を携帯する必要はなくなりました。

バンカーでもトレランシューズのグリップはゴルフシューズと変わりません

アルトラのもう1つのコンセプト、つま先とかかとの高さが同じゼロドロップについては、普通のシューズと違いを感じることはありませんでした。アドレスやスイングで、かかとが低く感じることもありません。走らないとその違いに気付かないのかもしれませんね。

トレランシューズがゴルフに適している点

私は幅広の足に合うシューズとしてアルトラを選びましたが、半年履いてみて、トレランシューズの機能はゴルフに非常に適していると感じました。まず先に挙げた軽量であること。そしてグリップ力がしっかりしている。 アルトラを含む多くのトレランシューズのソールは、濡れた岩場でも滑らないよう、粘り気があり、若干柔らかい素材が使われています。この硬すぎないソールが気持ち良く、クラブハウスやカート道ではソフトスパイクのゴルフシューズより断然歩きやすいです。

そして通気性も優れています。なんとローンピーク4.5には、排水穴が靴の先端に3つ設けられています(写真下。矢印の部分)。防水じゃないの?と驚く方もいるかと思いますが、山岳レースでは小川を走ることもあり、このモデルは水が入っても放水させて靴の中を乾かす機能を取り込んでいるのです(防水タイプの靴で足首から川の水が入り込むと、水がいつまでも中に残り足の負担になるとのこと)。

ゴルフにおいては、スプリンクラー程度の水であれば靴の中が濡れることはありません。雨は放水穴から入ってきますが、ちょっとしたスコールなら雨が上がって歩いているうちに乾いてきます。シトシト降り続く場合は、つま先の部分がずっと濡れるのでオススメしません。濡れたら帰宅後にインソールを外して、下駄箱に置いておけば半日で乾きます。

矢印は靴の先端に設けられた放水穴。

「どんなに軽快でも、穴が開いてるんじゃゴルフシューズとして使えない」という方には、防水タイプのローンピークもあります(写真下)。私がこれを選ばなかったのは、若干重いのと(374g)、通気性が悪いと靴の中が蒸れるから。タイではスコールの方が多いですし、使用した6ヶ月間に靴の中が濡れることはなく、暑い日は放水穴から蒸れた空気が外に出て快適でした。

トレランシューズがゴルフに適していない点

いろいろ考えてみたのですが、正直な所、適していない点はありません。「いま売られているゴルフシューズが、全てアルトラと同じ先端が広い形状になったとしたら買うか?」という質問を自分に投げかけてみたのですが、おそらく買わないです。

それは先に述べたとおり、履き心地がゴルフシューズより良いからです。防水機能、履きやすいBOA機能、スパイク、体幹バランスを保持するためのサポート構造など、ゴルフシューズには欠かせない(と言われている)機能がある限り、ゴルフシューズがトレランシューズのような履き心地になることは難しいのではないでしょうか。一方、トレランシューズがゴルフシューズに近づくポテンシャルは十分にあります。自分勝手な意見ですが、トレランシューズは未来のゴルフシューズなのではと思うのです。

唯一、トレランシューズの欠点を挙げるとすればデザインですかね。トレランシューズは山岳で映える派手な色のデザインなので、それを嫌うゴルファーは少なくないでしょう。アディダスやナイキはトレイルシューズもゴルフシューズも作っているのだから、ゴルフライクなデザインのトレランシューズを展開してほしいです(幅広な私はおそらく履けませんが)。

それからゴルフ場で映える、真っ白なトレランシューズも作ってほしい。山岳では汚れが目立つので、真っ白なトレランシューズは存在しないのです。私は普段履いているアルトラのロードランニングシューズ、 トーリン4.5プラッシュ(TORIN 4.5 PLUSH)をゴルフでも履くことにしました。これなら白パンと合うし、晴れの日ならグリップも十分!

なんてことをしていたら、アルトラから新モデル、ローンピーク5.0が発売されました。

4.5から5.0へ、基本スペックは変わってませんが、排水穴の位置が変更され、かかとのホールド感が向上し、靴紐もほどけにくい太めのものになりました。赤色と迷いましたが、服に合わせやすい明るいグレーを選択。

ソールのカラフルな色と小さな足マークは、ローンピークの全モデルで受け継がれています。この黒の部分は飾りではなく、中に硬いプレートが入っています。山岳を走っている際に、木や石の突起から足を保護するためのものです。

以上、トレランシューズについてのレビュー如何でしたでしょうか。誤解を避けるために書いておきますが、私はゴルフシューズからトレランシューズに変えるべきと推奨しているわけではありません。ゴルフのラウンド数が少なく、普段に履けるシューズでゴルフにも使えるものを探している人、あるいは私のようにゴルフシューズによる足の痛みや疲れに悩んでいる人に、お勧めしたいのです。まずはショップで手にとって試し履きしてみてください。きっと気にいると思いますよ!

2022年のアルトラ新モデルがヤバい!

アルトラはオンロードシューズも展開していますが、ここではトレイルランニングシューズの中から、私が注目している2022年モデルを紹介します。

まずはローンピーク6。米国では2022年1月発売予定(通常アジアは1ヶ月ほど遅れるので2月中旬ぐらいでしょう)。まず目につくのは排水穴が指の爪先部分に縦に並んでいること。それから靴紐は4.5モデルと似たものに戻っていますね。それ以外の基本コンセプトは5.0とほぼ同じようです。この黄色以外にどんなカラバリがあるのか気になる!

アップデート情報:予想に反して2022年1月10日にタイで販売が開始されました!価格は4,950バーツ(カラバリは黄色、黒、緑、そして下のグレーの4色)。 そして前モデルのローンピーク5.0は3,325バーツとお得です!

日本では下のローンピーク6WIDE(ワイドバージョン)のみ販売されています。

下の写真はローンピークよりソールが厚くクッション性に優れたティンプ(Timp)。これもアルトラを代表するトレイルランニングシューズですが、現行モデル3.0はいまいち人気がありませんでした。2022年モデルのティンプ4は全体的に改良されています。この排水穴も縦に配置されていますね。ゴルフにはゴツいですが、冬場の日本で履きたいかも。2022年6月発売予定。ちなみにアルトラには、このティンプよりソールがさらに厚いモデルや、反対にローンピークよりソールが薄いモデルもあります。

https://www.youtube.com/watch?v=eNmMs8SKzTg&t=54s

山岳レース用に開発されたアルトラの新製品、モンブランBOA(Mont Blanc BOA)。走りに拘った超軽量のアッパー素材に、2つのBOAでつま先と足の甲の部分を独立して調節できます。これは新しい試みですね。2022年3月頃発売予定。

https://www.youtube.com/watch?v=eNmMs8SKzTg&t=54s

最後に、私が最も注目している新製品、アウトロード(Outroad)。オンロードシューズにトレイルランニングのソール機能を加え、岩場は走らないけど、自宅から近所の野原や砂利道をランニングしたい人に適したオールラウンドモデル。もちろん自宅からゴルフ場もこれ一足で行けちゃいますね。デザインも良い!2022年6月発売予定。

https://www.youtube.com/watch?v=eNmMs8SKzTg&t=54s

アルトラ以外にオススメのトレランシューズ

【ホカオネオネ】スピードゴート4.0 防水

【ナイキ】ズーム ペガサス 36 トレイル ゴアテックス 防水

[アシックス]トレイルランニングシューズ GEL-Trabuco 9 防水

ゴルタイのSNSをフォローしよう

ゴルタイのフェイスブックツイッターをフォローすると、ゴルタイの新着記事を見逃すことなく、タイに関する様々な情報も知ることができます。是非フォローして最新情報をゲットしてください。

ゴルタイLINEもやってます!以下のボタンをクリックするか、QRコードをスキャンして友だちに加えてください!

เพิ่มเพื่อน

コメント