高速道路自動料金システムEasy PassとM-FLOWを利用しよう(コロナ対策にも)

仕事はもちろん、ゴルフ場の往復に高速道路自動料金システム(Easy Pass / M-Pass)は非常に便利。また近年はコロナ拡大により、キャッシュレス決済を目的としてEasy Passを導入する人も増えているようです。日本の新車にはETC車載器が標準装備されていますが、タイでは自分で申し込んで取り付ける必要があります。今回は、この申込みと使用方法を紹介します。

Easy Passはどこで申し込めるの?

高速道路入口にある事務所で申し込むのが便利です(*バンコク郊外と地方には事務所のない料金所もあります)。ほとんどの事務所は入口のゲートを通った後にあるので、ゲートでお金を払って事務所前の駐車エリアに車を停めます。

事務所に入ったらEasy Pass/ M-Passと書かれた窓口を探してください。そこで免許証と身分証明書(パスポート)を提示します。車の登録者である必要はありません。ウェブサイトには免許証と身分証明書をスキャンして印刷したものを持参するよう記されていますが、私が行った事務所は係員が無料でコピーしてくれました。

申込用紙に名前や電話番号など必要事項を記入し、高速道路料金のデポジットを入金します。金額は自由です。都内の高速道路料金は10~60バーツ(区間により異なります)なので、月に数回しか利用しなければ1,000バーツで十分かと思います。デポジットを支払うと、係員がEasy Pass端末のID番号に金額を入金して、その端末を入れたEasy Passキットを渡してくれます。このキットは無料です。

Easy Passキット

Easy Passキットの中には、EasyPassリーダー端末、EasyPassカード、窓に取り付ける部分を拭くガラスクロス、取扱説明書が入っています。

このEasy Passリーダー端末が自動ゲートにあるセンサーに読み込まれ、高速道路を利用する毎に料金が引き落とされます。

裏には両面テープがあり、取り付けに用意するものは全て揃っています。緑色のEasy Passカードの背面には、この端末のID番号が記されています。先払いした残高が少なくなったら、この番号を使ってお金を補充するのです。この方法は文末に説明します。

Easy Pass端末の取り付け方法

端末の取り付け場所はフロントガラス中央の上部。自動ゲートのセンサーが読み取りやすいそうです。ただ気をつけなければならないのは、フロントガラスの上部に日差し防止のフィルムが貼ってあったり、雨滴を検知する光学的雨天センサー(=レインセンサー。雨が降るとこれが反応してワイパーを自動起動させる)があるモデルは、その部分より下に付けるべきです。私の車にはレインセンサーが上部中央にあるので、その真下に装着しました(取り付ける前に同封のガラスクロスで装着部分を磨いてください)。これで準備は完了です。

Easy Passの利用方法

通常、Easy Pass自動ゲートは高速道路の右車線にあり、地面に青色の線が敷かれています。料金所が見えてきたら、青色の車線を進みます。

Easy Passという大きな看板が上に見えます。前の車と5メートルの間隔を開けてくださいと注意書きがあります。Aという文字が点灯しているのは、このゲートが利用可能ということです。

通過ゲートのセンサーは車に取り付けた専用端末を瞬時に読み込み、時速20キロ以下で通過することができます。センサーが車を認識すると、端末からピッという音が1回鳴り、ゲートにあるモニターに残高が表示されます。少し分かりづらいですが、下の写真の赤矢印の部分がモニターです。

Easy PassのIDに入金する方法

残高が200バーツ以下になると、ゲート通過時にピッという音が2回鳴ります。Easy Passカードの背面にあるID番号に入金して補充しますが、その方法はたくさんあります。

タイの銀行に口座があり、オンラインバンキングを利用している方は、銀行のアプリから入金するのが最も簡単でしょう。メニューからEasy Passを選択して、希望の金額を入金すればOKです。Easy Passが見つからない場合は銀行に問い合わせてみましょう。

私は通信キャリア大手Trueのtruemoneyアプリを使って入金をしています。青色の矢印をクリックして、次の画面でカードのID番号と入金金額を入力すると、その金額が自分のスマホの利用金額に加えられて請求されます。

またEasy Passのアプリをスマホにダウンロード+登録して、オンラインバンキングから入金することも可能です。Easy PassアプリはIDの残高を調べることもできます(詳しい使用方法はキット同封の取説を参照)。

Easy Passのアプリ

これらの手続きが難しいという方には、Easy Passカードを銀行やコンビニの窓口に提示して、現金で入金することができます。下が利用可能な機関です。銀行は手数料が5バーツ、セブンイレブン、テスコ・ロータス、ビッグCは10バーツかかります。

以上、Easy Passの申込みと使用方法を具体的に説明しましたが如何だったでしょうか。普段、高速道路をあまり利用しない方も、この時期にEasy Passを導入することをお勧めします。「何故もっと前から使わなかったのだろう」と後悔するほど便利ですよ!

新しい自動料金システム「M-FLOW」が2022年よりスタート

高速道路局の新しい自動料金システム「M-FLOW」が、2022年2月15日から高速9号線(バンパインーバンプリー間)でスタートしました。

https://www.facebook.com/mflowthailand/photos

通過する車両のナンバープレートを検出するシステムで、タイ運輸省は「(ゲートがないので)時速120キロで通過できる」と説明してますが、普段からタイの高速道路を利用している人(特に外国人)は、最初のうちは「M-FLOW」レーンを避けるのではないでしょうか。

その理由は、間違える車が多くて危ないから!

現在導入されている自動料金システム「M-Pass / EASY PASS」でも、端末を装備していない車が誤ってゲートに侵入し、そこで立ち往生し、後続の車が数珠繋ぎになることが日常茶飯事。「M-FLOW」でも同じことが起きることは間違いありません。「M-FLOW」に登録していない車がこのレーンを時速120キロで走行し、「M-FLOW」レーンであることに気付いて急ブレーキし(気付いる確信犯もいるでしょう)、左隣の「EASY PASS」のレーンに無理やり車線変更し、さらに左隣の現金払いの料金所レーンに無理やり車線変更する車が出てくることでしょう(上の写真では黄色の1から10が現金料金所、水色の11と12がEASY PASS、赤紺の13-17がM-FLOW)。自動料金システム導入より、運転免許証試験をもっと厳しくしてほしい。。。

https://www.nationthailand.com/

「M-FLOW」導入から数日後、タイのニュースで、予想していたことが報道されていました(上)。「M-FLOW」に登録していない大量の車が「M-FLOW」レーンを走行し、料金所前で慌てて「EASY PASS」または現金料金所のレーンに車線変更して交通渋滞が発生したのです。

https://www.facebook.com/mflowthailand/photos

「M-FLOW」を利用するには、上のQRコードからアプリをスマホにダウンロードして登録します。支払いはクレジットカード、銀行振込、M-Pass / Easy Passアカウント、オンラインバンキング、ATM、銀行が利用でき、万が一登録せずに通過した場合は、2日間以内に公式サイト(https://mflowthai.com/mflow)またはアプリで支払えばマイペンライ(大丈夫)なようです。それをすぎると罰金となりますのでお気をつけて。→*その後、2日間から7日間に延長されました。

パーリーゲイツのキャップが人気!

ゴルタイのSNSをフォローしよう

ゴルタイのフェイスブックツイッターでは、このサイトには掲載しない様々なタイのゴルフネタを毎日発信しています。例えばゴルフショップのセール情報、新製品の試打会、掘り出しモノ中古品、ゴルフ場の速報、気になるゴルフ動画などなど。是非フォローして最新情報をゲットしてください。

ゴルタイLINEもやってます!下のボタンをクリック、またはQRコードをスキャンして友だちに加えてください!

เพิ่มเพื่อน

コメント