ゴルフ動画、はじめてみよう!【アクセサリー編】

こんにちは、ギア好きの編集Mです。以前投稿した「ゴルフ動画を作ろう【機材編】」からだいぶ時間が経ちましたが続編です。今回はゴルフの撮影で便利なカメラのアクセサリーをご紹介します。【機材編】を読まれていない方は以下のリンクをどうぞ。

カメラのアクセサリーって?

カメラには非常に多くのアクセサリーがあります。言葉で説明すると大変なので下の画像を見て下さい。

ゴルフボールやドライバー用カチャカチャなど関係ないものもありますが(汗)、撮影で必要となるアクセサリーを並べてみました。この他にもレンズやライト、レフ板など様々ありますが、今回は「ゴルフ場でラウンドしながら自分で撮影する」というテーマで説明しますので除きました。

さらに、一眼レフとGoProも除きました(☓マーク)。デカくて重い一眼レフは自分でラウンドしながら撮影するのは絶対ムリ。またGoProはゴルフの撮影には向いていません(編集必須)。コンパクトデジタルカメラ(コンデジ)またはスマホを選びましょう。

コンデジ撮影で便利なアクセサリー

1)三脚

私はプライベートで撮影するとき、コンデジを三脚に乗せて撮影します。そしてカートを使います。ポケットに入れられるサイズのコンデジなら、歩きゴルフでも撮影可能かもしれませんが、自分を撮影するのに三脚は便利です。シンプルで軽量タイプの三脚なら1,000バーツ以下で手に入ります。オススメはマーブンクロンセンター(MBK)。

最近のコンデジは4Kで撮影できるものがほとんどですが、個人的にはフルハイビジョン1080Pに設定して撮影することをオススメします。その理由は以下の通り。
1)4K動画はデータ量が膨大
2)4人でラウンドして全員のショットを撮影するとしたら大容量のSDカードが別途必要になる
3)4K撮影はカメラのバッテリー消耗が激しいので予備バッテリーやパワーバンクが別途必要になる
4)PCスペックが低いと動画編集に(恐ろしいほど)時間がかかりフリーズすることもある
「4Kの美しさをどうしても!」という方だけ、完全装備でいきましょう。

2)外部マイク

ゴルフ撮影で気になるのが風のノイズです。風の強い日だとボーボーという風切音がずっと入ってしまい、編集で音量を下げると会話やボールショットの音量も下がってしまいます。そこで外部マイクに風切音を防ぐ猫の毛みたいなもの(ウインドシールド。俗語でデッド・キャットと呼ばれることもあります)を付けると、見事にノイズが消えて会話などがはっきり聞こえるようになります。

https://www.amazon.co.jp

外部マイクは高いものだと1万円以上しますが、オススメは安価で高品質のRODE。

Amazon.co.jp: 【国内正規品】RODE ロード VideoMicro 超小型コンデンサーマイク VIDEOMICRO: カメラ
Amazon.co.jp: 【国内正規品】RODE ロード VideoMicro 超小型コンデンサーマイク VIDEOMICRO: カメラ

3)パワーバンク

コンデジの短所はバッテリーの持ちが短いこと。コンパクトボディーには小さなバッテリーしか入らないのです。この改善策は2つあります。同じバッテリーを2つ以上用意するか、パワーバンクという外付けバッテリーを用意することです。どちらも用意している人が多いですが、私はパワーバンクだけで済ましています。パワーバンクを選ぶ理由は、できるだけゴルフに集中したいから。コンデジのバッテリーを交換するには、三脚から一度外さないとできないモデルがほとんどなのです。パワーバンクなら三脚にテープで留めておいて、近年のカメラなら充電しながら撮影ができます。さらにパワーバンクはスマホや他のカメラにも充電可能なので便利。オススメは下のANKER。

Amazon | Anker PowerCore 10000 (10000mAh 最小最軽量 大容量 モバイルバッテリー)【PSE認証済/PowerIQ搭載】 iPhone&Android対応 2020年4月時点 (ブラック) | 家電&カメラ オンライン通販
Anker PowerCore 10000 (10000mAh 最小最軽量 大容量 モバイルバッテリー)【PSE認証済/PowerIQ搭載】 iPhone&Android対応 2020年4月時点 (ブラック)ほか家電&カメラ, が勢ぞろい。ランキング、レビューも充実。アマゾンなら最短当日配送。

スマホ撮影で便利なアクセサリー

私は最近、ゴルフ動画撮影をコンデジからスマホに切り替えました。その理由はiPhone12。それまで古いコンデジのフルハイビジョン1080Pで満足していましたが、iPhone12で撮影された動画をYouTubeで見て驚きを隠せませんでした。色彩の細かさは言うまでもなく、手を伸ばせば画面の中に入ってしまうような奥行きのある映像が手のひらサイズのスマホで撮影できてしまうのかと。「これであの美しいゴルフ場を撮影できたら、、」そう思うやいなや私はアップルストアに向かってました。

しかし私はiPhone初心者。マックはインテルが搭載される前のPowerbookから20年以上使っているのに、スマホは頑なにアンドロイドが優れていると信じてiPhoneを敬遠していたのです。GPSの切替ボタンがないことに戸惑ったり、Air Dropという機能を生まれて初めて体験しながら、動画撮影の仕方を学び、ついにゴルフ場へ!

1)歩きゴルフで撮影OK?

手で撮影してさっとボケットへ。こんな軽快にゴルフ撮影ができる日が来るとは想像もしていませんでした。自分の撮影は同伴の友人に頼みました。またカメラの手ブレ補正機能も素晴らしく、編集がいりませんでした。ただ一点、ゴルフボールの弾道を赤線で描くShot Tracerアプリを使う場合は、三脚で固定した方が良いです。

2)三脚マウント

スマホ用のマウントもいろいろなものが売られています。iPhone12 Max Proはコンデジより重くサイズも大きいので、私は強固なアルミ素材でできたUlanziを選びました。スマホケースに入れてから装着することをお忘れなく。

Amazon.co.jp: Ulanzi 改良した全金属製スマートフォン三脚マウント マイクシュー 横も縦も撮影可能 マイクスタンド スマホ instagram IGTV、垂直ビデオ 携帯ホルダー 全金属製 ホットシューマウント付き スプリングポップアップ操作簡単 三脚に対応 三脚電話マウント osmo pocketスマホ用: カメラ
家電&カメラをお探しなら低価格・豊富な品ぞろえのAmazon.co.jpで、Ulanzi 改良した全金属製スマートフォン三脚マウント マイクシュー 横も縦も撮影可能 マイクスタンド スマホ instagram IGTV、垂直ビデオ 携帯ホルダー 全金属製 ホットシューマウント付き スプリングポップアップ操作簡単 三脚に...

3)外部マイク

これに外部マイクを装着し、ウインドシールドなしと装着した比較画像です。室内撮影ならウインドシールドはいりません。

4)パワーバンクは?

iPhoneはMicroSDカードが使えません。ですが4K動画を1時間以上撮影しても128GBの内蔵ストレージで問題ありませんでした。そして驚くことにバッテリーは100%から78%にしか減っていませんでした。フルハイビジョン1080Pなら3時間以上の撮影も余裕でしょう。これはスマホのモデルによって異なりますので、自分のスマホが何時間くらい撮影できるストレージがあるのか、何時間くらい撮影できるバッテリーがあるのか確認しておくと良いですね。

ゴルフ撮影に必要なアクセサリーはこれで以上です。
初回から完璧な撮影はできませんから、まずはゴルフ場で撮影してみましょう。大事なことはゴルフに集中すること。撮影に集中しすぎて、スコアはボロボロなんてことのないように注意しましょう→それは私だ!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ギア情報
シェアする
ゴルタイ

コメント