都会のど真ん中にある練習場:42TEE-OFF

ゴルタイ編集Mです。今日はバンコク中心部、スクムビット通り沿いにあるゴルフ練習場「42TEE OFF」を紹介します。この42という数字は、スクムビット通りソイ42にあることを示していて、場所はBTSエカマイ駅とプラカノン駅の間に位置します。上の写真はスクムビット通りから撮影したもので、ソイ42にも別の入口があります。駐車場も完備していて、利用客は3時間無料です。

最長230ヤードあると公式サイトにはありましたが、私の目が悪いからか、200ヤードのマーカーしか見えませんでした(汗)。打席は1階と2階を合わせて44あります。

笑顔が素敵なスタッフがボール料金表を見せてくれました。メンバーは1箱80バーツで一般は100バーツ。多くの練習場は平日と週末で料金が異なりますが、ここは同じなんですね。メンバーになるにはメンバーカードを100バーツで購入し、最低1,000バーツのボール代を先払い(TOP-UP)する必要があります。この1,000バーツ(12.5箱分)は購入日から60日以内に使わなければなりません。また2,000バーツ(25箱分)TOP-UPした場合は有効期限が120日だそうです。週1回来れば消化できますね。ボール代は他の練習場に比べ高いですが、スクムビットに住む人にとっては最高のロケーションですし、ここから別の練習場へ行く時間とガソリン代を考えるとリーズナブルなのかも。。

42TEE OFFは現在、2,000バーツTOP-UPしたメンバーを対象にApple Watch 6、3,000バーツTOP-UPしたメンバーを対象にiPhone12と敷地内にある日本料理店BISHAMONの200バーツクーポン券が抽選で当たるキャンペーンを実施中です(2021年2月28日まで)!

レンジボール(練習用ボール)は、バンコクにある他の練習場とほぼ同じレベル。きれいに磨かれてはいますがディンブルは若干減っていて、軽いカツンという打感がします。おそらく1ピースだと思います。

スタッフは明るくキビキビしていて、お客さんの方を常に見て働いていました。私のよく行く練習場のスタッフは愛想は良いのですが、すぐにどっかに姿を消すので探さないといけない。さすがは都内のど真ん中の練習場だけのことはある(当たり前か!)。気分良くボールを打つことができまました。

練習を終えてお腹も空いてきたので、BISHAMON(毘沙門)で食事を摂ることに。Tシャツ半ズボンのまま気軽に入れるのが良いですね。*42 TEE OFFはタイ料理も提供していて、打席の後ろにあるテーブルで食べることができます

ちょうど開店時間の11時半だったので私が最初の客でした。注文した札幌塩ラーメンはボリューム満点で、練習後にもってこいの塩加減でした。オススメです!


如何だったでしょうか。42 TEE OFFの利点はなんと言ってもロケーション。スクムビット住民であれば練習用のゴルフバッグを担いでBTSで来ることもできるし、会社の帰りに寄って練習するにも便利な場所です。

【42 TEE OFF】1022 Sukhumvit Road, Phra Kanong, Klongtoey, Bangkok
電話:02-712-1541 営業時間:午前7時ー午後10時(月曜のみ午前9時ー午後10時)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
19番ホール
シェアする
ゴルタイ

コメント