ティーでゴルフは変わる?プラス12ヤード飛ぶと噂のティーを試してみた

ゴルフクラブとボールは最新モデルを選んでいても、ボールを乗せるティーは毎年変わらず安価なプラスチック製。「ティーなんてどれも同じでしょ」そんな風に思っている人は少なくないでしょう。私もその一人なのですが、普通のティーより最大12ヤード飛ぶと謳う商品があると聞き、実際にゴルフ場で試してみることにしました。

TOUR TEEのパッケージには、LESS FRICTION = MORE DISTANCE. ADD 12+ YARDS TO YOUR GAME!(摩擦を軽減=飛距離アップ。12ヤード増しの飛距離を手にいれよう!)と英語のキャッチコピー。中から取り出してみると、ボールを乗せる受け皿に小さな突起がありました。この突起によりボールはほぼ浮いている状態になり、クラブで打った瞬間のボールとティーの摩擦が軽減されることで飛距離が伸びるという技術なのだそうです。

ティーを持つ部分は円筒形ではなく、平たい形状。とても固く頑丈な作りです。私の安物のフニャフニャティーとは全く違う。これも飛距離アップの秘密なのでしょうか?そして先が細くなっているのは、ウェッジの溝を綺麗にするための機能なのだそうです。これは便利かも。

テストしたのは、チャチュンサオ県にあるバンパコン・リバーサイド・カントリークラブ。曇り空で湿った風が吹いていて、3月にしては涼しい天候でした。私は同伴の3人にも協力してもらい、前半9ホールは各自で普段使っているティー、後半9ホールはTOUR TEEで比べてみました。

TOUR TEEは、文字が印刷されていない細い面を打つ方向に向けて使用します。

ドライバーで打ってみると、私のボールはグンと高い弾道で飛んでいきました。ハイスピンで吹き上がったのではなく、ヘッドが自然とアッパー気味に入って、高弾道な棒玉になったのです。「ナイショ!こりゃ飛んだよ」同伴の3人が言い、私もそう思いました。ボールが止まったところからティーイングエリアをレーザー距離計測器で測ってみると、上空の強い風の影響を受けたようで、飛距離はあまり変わりませんでした。無風の日なら、おそらくキャリーが伸びていたと思います。そのホール以降もドライバーショットは全て直進性のある高弾道で、気持ち良かった!

同伴の3人も、驚くほど飛距離が伸びる結果にはなりませんでしたが、ボールの直進性が増したと言ってました。さらに「棒の部分が普通のティーより太いから、芝の根に負けずグッと地面に刺しやすい」、「丈夫な作りだから長く使えそう」と好印象でした。

TOUR TEEは、ロング3本、ショート2本のセットで270バーツ。少し高価ですが、よほどのことがない限り折れることはない頑丈な作りなので、長期間使えることを考慮すれば買う価値あると思います。デザインも格好良いですしね。私は気に入りました。

TOUR TEEは、タイで日本語のゴルフ場予約サイトを運営しているGO GOLFさん(https://gogolf.co.th/blog/accessory/117/)、そしてタニヤプラザのキャスコなどで販売されています。

日本からはamazonで注文できます。

昨年投稿した「飛距離を変える!進化する最新ティーを紹介」も合わせて読んでみてください。

あらゆる手を尽くして飛距離アップを目指している読者のみなさん、一度試してみましょう!

(協力:GO GOLF タイのゴルフ場予約サイトhttps://gogolf.co.th/

ゴルタイのSNSをフォローしよう

ゴルタイのフェイスブックツイッターをフォローすると、ゴルタイの新着記事を見逃すことなく、タイに関する様々な情報も知ることができます。是非フォローして最新情報をゲットしてください。

ゴルタイLINEもやってます!以下のボタンをクリックするか、QRコードをスキャンして友だちに加えてください!

เพิ่มเพื่อน

コメント