Bを信じろってば(続編)ついに謎が明らかに!

ヤマハレディースオープン葛城で西郷真央が今季3勝目の快挙を達成!当然ながら、ブリジストンゴルフのTOUR Bボールは5試合連続で優勝者が使ったボールとなりました。勝率60%という昨年の稲見萌寧を上回る快進撃を続ける西郷がスポットライトを浴びるなか、ブリジストンゴルフは笑いが止まらないでしょうね。

西郷真央が使用するボールは、TOUR B XS。スピンコントロールに優れた性能があり、ディスタンスの優れたTOUR B Xと2モデルが日本で販売されています。一方、日本以外の多くの国では、ドライバーのヘッドスピードが46m/s以下の人に適したTOUR B RXとTOUR B RXSというモデルもあり、全4モデルのラインアップ。RXはLPGAのレクシー・トンプソンが、RXSはPGA15勝を誇るフレッド・カプルスが使用しています。

国内女子プロゴルフツアーの選手のほとんどは、ドライバーのヘッドスピードが46m/s以下です。日本のアマチュアゴルファーも多くがこのカテゴリーに入るはず。ならば46m/s以下向けに作られたTOUR B RX/RXSは日本市場に無くてはならぬアイテムなのに、販売されないのは”大きな謎”だと前編で書きました。

この真相を知っているのは誰か。最初に思いついたのは、YouTube試打ラボしだるTVの「天の声」で有名な、ゴルフトレンドウォッチャー兼ゴルフライターのコヤマカズヒロ氏でした。ダメ元でメッセージを送ってみますと、なんと驚くことに、送った日に丁寧なお返事をいただきました。以下が”その謎”に対する回答です。

これは特に謎ではなくて、以前にラインナップしたこともあるんですが、あんまり実績が芳しくなかったことと(※認知が高まらなかった)、あとは海外にはない『JGR』と対象ユーザーがカニバるからです。 『JGR』は超人気ボールなので、そちらに集中したということです。性能的にはだいぶ違うんですけどね😊

以前は日本でもTOUR B RX/RXSが販売されていたとは知りませんでしたね。しかしながら期待していたように販売が伸びず、さらに「飛距離モンスター」の『JGR』が大ヒットを続けているので、同じターゲット層となるRXとRXSをラインアップさせる必要がなくなったということ。なるほどですね。コヤマさん本当にありがとうございました!

謎は解明されましたが、でもスッキリはしませんね。なぜなら大半の女子プロとアマチュアが自分のヘッドスピードに適していないモデルを(適用モデルは存在するのに)使用しているわけですし、コヤマ氏が指摘するように、『JGR』はTOUR B RX/RXSと性能的に大きく異なり、その代わりにはならないからです。女子プロはこのことを知っているのでしょうか。。。

私はこれまでTOUR Bボールはロストボールのみ使用していたので(新品買うのはタイトリストProV1だけ)、ディスタンス系のTOUR B RXを初めて購入してみました。汚れにくく滑らない表面は、X/XSと全く同じです。RXの打感はXより柔らかく感じましたが、私のXのロストボールは2021年以前の”打感が硬い”と言われたモデルなので、2022年モデル同士で比べたら同じかもしれません(ロストボールと新品を比べること自体が間違っていますけどw)。そして飛距離は、RXの方が飛びました。ヘッドスピードが46m/s以下の私に適応しているからと言いたいところですが、単に新品だからという可能性も大です(役立たずな情報ですみません)。

新品のRXと新品のタイトリストPro V1と比較すると、私の場合はドライバーの飛距離はほぼ同じで、アイアンやウェッジのフィーリング(”乗り感”と言うやつかな)がRXの方が良かったす。さらにソフトなRXSも使ってみたくなりました。TOUR B RX/RXSとても良いですよ。日本でも販売すべきだと思いますけどねー。。

日本ブリジストンゴルフの品質のこだわりは、以下の動画で説明されています。

MYGOLFSPYのゴルフボールテストで3位に!

今回TOUR Bの謎についていろいろ調べていくなかで、米ゴルフ情報サイト「MYGOLFSPY」に興味深い記事を見つけました。ゴルフボールの飛距離テスト(2021年実施)で、ブリジストンゴルフのTOUR B RXが3位になっていたのです。

https://mygolfspy.com/

最大飛距離を記録したのはタイトリストPRO V1X、2位はタイトリストTOP SPEED、そして4位はタイトリストPRO V1、5位は松山英樹が使用するZ-Starでした。「MYGOLFSPY」は米国のギア情報サイトの中で影響力が非常に高く、日本語版サイトには、2022年モデルのTOUR B RXについて書かれた記事もあります。

ゴルタイのSNSをフォローしよう

ゴルタイのフェイスブックツイッターをフォローすると、ゴルタイの新着記事を見逃すことなく、タイに関する様々な情報も知ることができます。是非フォローして最新情報をゲットしてください。

ゴルタイLINEもやってます!以下のボタンをクリックするか、QRコードをスキャンして友だちに加えてください!

เพิ่มเพื่อน

コメント