コロナ感染に効く薬草!?

センシンレンという薬草が、いまタイで注目を浴びています。タイ語はファータライジョン(ฟ้าทะลายโจร)と言い、古くから風邪などの感染症に使われている薬草なのですが、コロナ感染症にも効果があるというのです。

コロナ感染拡大と共にこのことが広まると、このハーブ薬(ヤー・ ファータライジョン。ヤーは薬という意味 )を求める人が薬局に殺到しました。品切れになる店が続出し、値段を吊り上げたものがネットで売られ、ついには偽物のヤー・ ファータライジョンを販売していたタイ人が逮捕される事件まで起きました。

ウィルスの免疫力を高める漢方薬なので、ある程度の効果はあるかもしれませんが、WHOのような機関によって科学的に証明されているわけではありません。そうは言っても、出口の見えないこのパンデミックな状況下。「コロナ感染症に効くハーブ薬がある」と耳にしたら、誰でも1箱ぐらい買っておこうと思うのではないでしょうか。私もその1人でした。

下の写真は、錠剤のヤー・ ファータライジョン。 60錠入りで180バーツ。1日4回、食事後と就寝時に服用とあります。

錠剤の写真を撮っていると、後ろにいたお手伝いさんが「屋上にこの草ありますよ。食べてみたら?」と言い、ニヤリとしました。

「えっ、生の葉?」
「そう。鉢で育てているわ」

私はスマホを持ったまま屋上に行きました。お手伝いさんがニヤリとした理由が、このときはわからなかったのですが。。。

これがファータライジョン 。葉は細長く、ツヤツヤした手触りです。ハーブの匂いがするか鼻を近づけてみましたが、匂いはしませんでした。

話が脱線しますが、この庭の壁は、ゴルフのマスターズが開催されるオーガスタナショナルの門、建物、スコアボードなどに使われている緑色をイメージしてペイントしたものです(まだ未完成ですが)。タイのホームセンター「Home Pro」には、好みの色に塗料を調合してくれるサービスがあるのです。私はそこでオーガスタの写真をスマホで見ながら色を決めました。下はオーガスタナショナルの正門です。

これは実際の緑より若干色が明るく写っているかも https://m.washingtontimes.com/

私が購入したのはマット仕上げ(艶なし)の外壁用塗料。塗料には様々な種類がありますので、何をペイントしたいのか店員と話すのが手っ取り早いです。

購入した缶の蓋には、塗料サンプルと、この色の情報をQRコードにしたラベルが貼られています。このQRコードを機器でスキャンすると、同じ色が作れるのです。私はコンドミニアムのベランダを先にペイントしたため、壁に塗る塗料が足りず困っていたのですが、Home ProのLINEに蓋の写真を送ったら、同じ色の塗料をすぐに配達してくれました。便利!

ベランダもオーガスタ色にペイント。これでマスターズの雰囲気がちょっぴり味わえる?

自分のオリジナル塗料を作ってみたい方は、Home Proに一度足を運んでみて下さい(オススメはプルンチット店)。外壁がNGの場合は、テーブルや棚を自作してペイントするのも楽しいと思います!

さて、薬草ファータライジョンの話に戻ります。屋上にあった葉っぱを1枚もぎ取り、台所で洗って、葉の先端を口に入れてみました。「んがーっ!」表現できないほどの苦味が口の中に広がり、思わず体を仰け反りました。お手伝いさんがこっちを見て笑っています。彼女がニヤリとした理由がそこでわかりました。”良薬口に苦し”と言いますけど、ファータライジョンは想定外の苦さ!粉末状にしたのを湯に入れて飲むのが一般的みたいですが、それでも相当苦いのではないかな。

ちなみに、この薬草は数ヶ月前に1鉢40バーツで売られていましたが、現在は完売して見かけないそうです。

この薬草について、バンコクにある日系薬局店ブレズ薬局がブログで詳しく説明しています。興味のある方は読んでみてください。

ゴルタイのSNSをフォローしよう

ゴルタイのフェイスブックツイッターでは、このサイトには掲載しない様々なタイのゴルフネタを発信しています。例えばゴルフショップのセール情報、新製品の試打会、掘り出しモノ中古品、ゴルフ場の速報、気になるゴルフ動画などなど。是非フォローして最新情報をゲットしてください。

ゴルタイLINEもやってます!下のボタンをクリックするか、QRコードをスキャンして友だちに加えてください。

เพิ่มเพื่อน

コメント