タイ人が毎日使う「Lazada」でオンラインショッピングしてみよう!

タイ人が利用しているオンライン・ショッピングを利用したことはありますか?使ったことがなくても、ラザダ(Lazada)やショッピー(Shopee)などの名前やロゴを見たことはあるのではないでしょうか。日本の楽天やヤフーと同じく、ウェブサイトまたは携帯のスマホで幅広いカテゴリーから商品を選ぶことができ、配達人が自宅まで商品を届けるサービスです。タイ語が読めなくても英語で注文ができますので、使い方に慣れれば便利ですよ。

ということで、今回はスマホでラザダ(Lazada)の利用方法を写真でステップごとに説明していきます。ラザダグループはシンガポールの企業が2011年に設立したもので、現在はタイ、マレーシア、インドネシア、フィリピンでサイトを運営。2016年から中国のアリババグループが経営権を獲得しています。それではさっそく始めましょう!

スマホにアプリを入れて設定しよう

この説明ではアンドロイドの携帯を使っています。まずはPlayストアからラザダのアプリを探してダウンロードしていきましょう。矢印の箇所にLazada Thailandと記入して検索してください。

下の画面のようにアプリが出たらインストールボタンを押します。

ダウンロードが完了したら開くを押します。

ラザダのアプリが開きました。この説明ではこのような青色の画面となっていますが、これと異なるプロモーション情報などが表示されることもあります。下のオレンジバーを押して次へ進みます。

次に画面全体にプレゼントボックスが表示されました。これは初めてラザダにアクセスしたときなどに出るポイントなどのプレゼントです。先に言語の設定をする必要がありますので、矢印が指すX印を押してこれを消してください。

ラザダの画面に入りました。下の右端のボタンを押してください。

次に右上の設定ボタンを押してください。

言語設定ページが表示されました。矢印の部分を押してください。

次にEnglishを選択し、右のボタンを押してくだしい。

これで英語の画面に変わりました。続いて、自分のアカウントを作成します。下の右ボタンを押してください。

Login/Sign upを押してください。

自分の携帯電話番号を入力してください。

番号を入力すると「番号はこれで間違いないですね?それではあなたの携帯に確認用コードを送信します」と表示されますので、Send via SNSのボタンを押します。

あたなの携帯に6桁の数字がメッセージで届きますので、その数字をここに60秒以内に入力してください。入力したら下のNextを押します。

これで初期設定は完了です。アカウント名というところに、あたなの氏名が表記されているはずです。これで買い物をする準備が整いました。支払いはクレジットカード、銀行振込、着払い、ラザダウォレットなどから選ぶことができます。配送先住所やクレジットカードなどの個人情報は下のAccountボタンで保存することもできますし、買物を注文するときに入力することもできます。また買物カートの中身はCartで確認することができます。

最後に、ダウンロードしたアプリが見つからないという方へ。下画面の矢印がラザダのアプリです。このときは12月12日セールのアプリデザインになっているので若干異なるかもしれませんが、Lazadaと書かれたアプリを見つけましょう。

如何でしたでしょうか?最初のうちは使い方に慣れるまで時間がかかると思いますが、まずは買う前に自分の欲しい商品を検索するところから始めるのが良いでしょう。またタイ人のお知り合いがいる方は、操作方法を直接教えてもらうのがベストですね。

最後に使用時の注意点について説明しておきます。タイのオンライン・ショッピングは利用者が毎年増える一方で、詐欺による犯罪も増えています。スマホを注文したら石の入った箱が届いた、といったニュースは毎日のように報道されています。明らかに他の店より安い商品は避けるべきです。もし求めている商品がデパートなどで手に入るのであれば、お店で購入した方が安全と言えるでしょう。一方で知っている店がオンラインショッピンクに出店していて、アプリで買った方が安いということであれば、これを利用する価値はあります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
19番ホール
シェアする
ゴルタイ

コメント