アルトラにインソールはNG?(テスト前)

足に問題のある私が探し求めた、ゴルフで履ける快適シューズ。それがアルトラのローンピークであることは以前のブログで書いた。山岳を歩く・走るために開発されたこのシューズは足の指先部分(トゥボックス)が非常に広く、通気性とクッション性に優れ、非常に軽く、粘りのある素材でできたソールはソフトスパイクと同様のグリップ力を発揮する。

これを履いてベストスコアを1年振りに更新できて、私にとっては最高のゴルフ用シューズになったわけであるが、何回かラウンドしていて、かかとと足首周りのフィット感がもう少しあればと思うようになった。一般のゴルフシューズに比べると、左右の体重移動に対するホールド感は弱いのだ。

そこでまず、シューズの一番上の穴に靴紐を通してフィット感を高めてみた。これでもだいぶホールド感は改善された。次にかかと部分がカップ形状になったインソールを入れてみることにした。アルトラのシューズは、つま先とかかとの高さが同じというゼロドロップ(一般の靴はかかとの位置がつま先より高い)をコンセプトにしたメーカーとして有名なので、高さの異なるインソールを入れることは邪道かとも思ったが、私がこのシューズを選んだ最大の理由は広いトゥボックスなので無視することにした。インソールはショックドクターのXアクティブ。ゴルフ用インソールで人気の高いシダスもあったが、以前履いていたゴルフシューズに合わせてつま先部分を細くカットしてしまっていたので使えなかった。

足を入れてみると、甲の部分に圧迫感がおきた。アルトラのインソールはペラペラに薄かったのだ。そこで靴紐をほどいて調節すると、フィット感バツグン。足から地面までの距離が数ミリ高くなったのがはっきりわかるが、歩いてもそれほど気にならない。まずはこれで1ラウンド歩いてみよう。

Amazon.co.jp

ゴルフ用インソールで人気があるのはシダスです。

Bitly

さらに畑岡奈紗などが愛用しているバネも人気がありますね。

Bitly

コメント