タイ29都県のゴルフ場が臨時休業へ

新型コロナウィルス感染拡大防止策として、タイ政府はバンコク首都圏などの封鎖(ロックダウン)を8月3日から31日まで延長し、感染リスクが高い最高度厳格隔離地域「ダークレッドゾーン」を13都県から29都県に拡大しました(閉鎖期間を8月3日から2週間と報道しているメディアもあります)。

これを受けて、ゴルフ場およびゴルフ練習施設は臨時休業(延長)のお知らせをSNSに投稿しています。下は都内のユニコ・グランデ・ゴルフコース(Unico Grande Golf Course)。

同じく都内のパンヤインドラ・ゴルフクラブ(Panya Indra Golf Club)。

スクムビット通りにあるゴルフ練習場42TEE-OFF

アユタヤ県のノーザン・ランシット・ゴルフクラブ(Northern Rangsit Golf Club)。

ナコンパトム県のスワンゴルフ&カントリークラブ(Suwan Golf & Country Club)。

チャチュンサオ県のロイヤルレイクサイドゴルフクラブ(Royal Lakeside Golf Club)。

同じくチャチュンサオ県のバンパコン・リバーサイド・カントリークラブ(Bangpakong Riverside Country Club)。

チョンブリ県のサイアム・カントリークラブ(Siam County Club)。

そして、8月3日から 最高度厳格隔離地域「ダークレッドゾーン」 に加えられた16都県(ナコーンナーヨック、ナコンラチャシマ、プラジュワブキリカン、カンジャナブリ、プラジンブリ、ペッチャブリー、ペッチャブン、ラヨーン、ラチャブリ、ロッブリ、シンブリ、サムットソンクラーム、サラブリー、スパンブリ、アントン、ターク) のゴルフ場も、臨時休業のお知らせをSNSに投稿しました。

ナコーンナーヨック県にあるカスカータ・ゴルフクラブ(Cascata Golf Club)。

ナコンラチャシマ県にあるカオヤイ・カントリークラブ(Khao Yai Country Club) 。

ラヨーン県のワンジャン・ゴルフパーク(Wangjantr Golf Park)。

プラジュワブキリカン県(ホアヒン)にあるタイで最も古いゴルフ場、ロイヤル・ホアヒン・ゴルフコース(Royal Hua Hin Golf Course)。

ロッブリ県のナライヒルゴルフリゾートカントリークラブ (Narai Hill Golf Resort & Country Club)

https://www.facebook.com/naraihillgolf

7月22日からロックダウンしている13都県:バンコク、パトゥムタニ、サムットプラカーン、サムットサコン、ノンタブリ、ナコンパトム、チャチュンサオ、チョンブリ、アユタヤ、ナラティワート、パッタニー、ヤラー、ソンクラー

8月3日から追加された16県:ナコーンナーヨック、ナコンラチャシマ、プラジュワブキリカン、カンジャナブリ、プラジンブリ、ペッチャブリー、ペッチャブン、ラヨーン、ラチャブリ、ロッブリ、シンブリ、サムットソンクラーム、サラブリー、スパンブリ、アントン、ターク

緊急措置(ロックダウン)の主なポイントは以下の通りです。

1)午後9時から翌朝午前4時まで住居から外出禁止
2)上記時間以外でも不要不急の外出・越境を控える
3)飲食店はテイクアウトのみ
4)都内の百貨店、ショッピングセンターの営業時間を午後8時までとし、施設内の飲食店(オンライン注文によるデリバリーのみ)、スーパーマーケット、衛生用品や医薬品といった分野の店舗のみ営業を認める

ゴルタイのSNSをフォローしよう

ゴルタイのフェイスブックツイッターでは、このサイトには掲載しない様々なタイのゴルフネタを発信しています。例えばゴルフショップのセール情報、新製品の試打会、掘り出しモノ中古品、ゴルフ場の速報、気になるゴルフ動画などなど。是非フォローして最新情報をゲットしてください。

コメント