西郷真央も使用するゴルフレーザー距離計測器。アマチュアが使うメリットはあるの?

PGAとLPGAに続き、2022年から日本国内のプロトーナメントでも使用可能となったゴルフ用レーザー距離計測器 (国内男子は使用不可の試合もあり)。国内女子では絶好調の西郷真央も使用していて、ダイキンオーキッドレディス優勝時にキャディーをしていた井野氏は、「これまではフェアウェイに歩測をするための目印(スプリンクラーなど)が少なかったため時間がかかることもあったが、測定器ですぐに距離を出すことができてプレーファーストに繋がった」とコメントしていました。

テレビ中継では、バンカー、池、木の距離まで細かく計測しているプロとキャディーの姿が多く見られます。多くのアマチュアは、ピンまでの計測しか測りませんが、各ホールの障害物、そしてグリーンエッジ(前と後ろ)の距離を計測して、グリーン全体の大きさを把握することはとても大事です。それにより正しいクラブ選択ができ、スコアアップにつながるからです。

アマチュアにとって、レーザー計測器は自分が所有するクラブの飛距離を把握することにも役立ちます。ドライバーは、打ったボールが止まった位置からティーグランドを測れば飛距離がわかります。アイアンは、計測したターゲットに対して実際に打ったボールがどれくらいショートしたのか(オーバーしたのか)平均値を出すことで、各番手の飛距離が見えてきます。

私はゴルフ練習場でもたまに使用します。旗までの距離を測って、そこにキャリーする練習をするのです。アマチュアがゴルフレーザー距離計測器で得することは多々あるんですよ。

amazonで売上1位のレーザー計測器を購入してみた!

amazonで長期に渡りベストセラーとなっているゴルフ用レーザー距離計測器 「Pin-Eagle」を購入してみました 。リーズナブルな値段(定価15,800円)で、機能は高級ブランドとほぼ同じものが搭載されている点が、ずっと売上No1となっている理由みたいです。

プレミアム便で注文すると2日でタイに着きました。日本国内とほとんど変わらないスピードで本当に便利です!

「Pin-Eagle」 の箱には、計測器、ケース、クロス、取説、計測器につける紐が入っています。

Pin-Eagleの機能

メーカーが紹介しているPin-Eagleの機能は以下の5つです。
1)自動ピンサーチ機能
2)ピンロック&バイブレーション機能
3)高低差測定機能
4)防水機能
5)最大測定距離660ヤード

これらの機能を備えて、値段は衝撃的に安い15,800円。さらにこの商品は日本国内メーカーの商品であることがamazonで評価されていました。それでは早速、ゴルフコースで試してみましょう!

異なる3つのコースで計4ラウンド使用してみた!

1回のラウンドだけでは不十分だと思い、異なる3つのコースで計4ラウンドして使ってみました。 「Pin-Eagle」 には、高低差測定機能をオン/オフするボタンと、距離測定ボタンがあります。測りたいターゲットを焦点に当てて計測ボタンを押すと、計測器がターゲットを認識したことをブルブルとバイブレーションで知らせくれて、自分の位置からターゲットまでの測定結果がファインダーに大きく表示されます。メーカーが0.5秒で結果が出ると説明しているとおり、ボタンを押すのとほぼ同時にブルブルして測定結果が表示されました。ボタンはグローブをしている手でも問題なく操作できました。測定のスピードは以前に使っていたニコンの計測器と変わらない印象でした。

4回のラウンドで雨は振らなかったので防水性については検証できませんでした。最大測定距離660ヤードについても試す機会がありませんでしたが、220ヤード先のピンは瞬時に測定できてストレスゼロ。ですが、朝方の曇り空は遠いターゲットの認識に少し時間がかかることがありました。明るい青空であれば、長い距離の測定は全く問題ないと言えます。

かなり昔に使っていたニコンのレーザー計測器は性能は良かったものの、若干重くて、ベルトにケースを付けてラウンドしていると、パンツがズリ落ちてくる問題がありました。そこでケースをゴルフバッグに付けたり、カートに置いたりしてましたが、使いたい時に手元になく、カートまで毎回取りに行くのも面倒になり、使わなくなりました。次にガーミンのゴルフ用GPSウォッチを買いました。ところが私の購入したものが不良品で、飛距離が正確に記録されず、データの修正機能もなかったことから返品。それから計測器は使わずにいたのでした。

この 「Pin-Eagle」 は軽量でサイズもコンパクト。ベルトにケースを付けてもパンツがズレることもありません。でも革ベルトであることが条件。網状の伸縮するベルトだとケースを装着している部分が伸びてパンツも引っ張られます(*あくまで個人的な意見です)。

高低差測定機能は?

https://www.facebook.com/riverdalegolfclub/photos

上の写真はパトゥムタニ県にあるリバーデール・ゴルフクラブ(Riverdale Golf Club)の名物ホールPAR3。左奥にあるグリーン(白ティー152ヤード)と池に囲まれたグリーン(白ティー108ヤード)のどちらかを選択しますが、ほとんどは後者を選びます。

「Pin-Eagle」でピンまで普通に測定すると111ヤード、高低差機能を使うと101ヤードでした。周りに対象物がなく、視覚的にはピンまで120ヤードぐらいに見えていたので、その数字に驚きました。そこで手に持っていたピッチングウェッジを、アプローチウェッジに変更。緊張したのか薄い当たりになってしまい、グリーンにはオンしたものの、ピンから8メートル離れた下段でした。「Pin-Eagle」の 高低差測定機能 が役立ったかと言えば、 答えはイエスです。視覚的には120ヤードぐらいに見えて、この日のピンはグリーン奥だったので、PWか9番アイアンを選んだかもしれませんから。。

ということで、やはりアマチュアにとっても、ゴルフ用レーザー計測器は非常に役立つツールであることを再認識することができました。まだ使ったことがないという方は、是非、試してみることをオススメしますよ。

Pin-Eagle(ピンイーグル) ゴルフ レーザー距離計

海外でアマゾンをまだ利用したことがない方へのガイド記事を下に貼っておきます。ゴルフグッズに限らず、海外で手に入れにくい日本の食料品や商品が簡単に買えてamazonによる配送サービスもありますので利用してみてください。

ゴルタイのSNSをフォローしよう

ゴルタイのフェイスブックツイッターインスタグラムをフォローして、新着記事をゲットしてください。ゴルタイLINEもやってます!以下のボタンをクリックするか、QRコードをスキャンして友だちに加えてください!

เพิ่มเพื่อน

コメント