100切りに必須!「避けられるミス」と「して良いミス」

誰もが最初にぶつかる大きな壁が100切りです。それを乗り越えるために、たくさんボールを打って練習することも大事ですが、ボールを打つ前にスコアを縮められるものがあります。それがコース・マネジメントです。聞いたことはあるという方も多いのではないでしょうか。コース・マネジメントとは、コースの状況と自分のスキルを考慮した戦略のことです。でも実際に何をすることなのか、ピンとこないですよね。コースマネジメントは非常に多くの項目があり、個人によっても異なります。そこで今回は、100切りを目指している人向けにオススメしたい、「避けられるミス」と「して良いミス」のコース・マネジメントを紹介します。

「避けられるミス」ってなに?

まずは、1打目を打つティーイングエリアでの「避けられるミス」について説明していきましょう。ティーイングエリアは、2つのティーマーカーの前方を結ぶ線と、ティーマーカーの後方から2クラブレングス下がった四角形の範囲を指します。このエリアにボールを置かなければなりません(プレイヤーがその範囲外に立ってスイングするのは可)。我々アマチュアは無意識にティーマーカーの間にボールを置きますが、ここで大事なのは、自分の両足がある場所と、ティーを指す場所が同じ高さにあることです。

難易度を上げるために、ティーイングエリアに微妙な傾斜をつけたり、敢えて平らにしていないコースがあることを知っていますか?実は結構あるのですよ。ところが多くのプレイヤーはフェアウェイの打つ方向に集中してしまい、それに気づきません。驚くかもしれませんが、仮にティーの場所が立ち位置より5センチ高くても、アドレスの位置からでは気づきにくいのです。それでいつものドライバースイングをしたら、ボールがフェイスの上に当たるか、地面にダフるミスが出るでしょう。そして「今日は体が突っ込んでるな。次のホールは体を起こして打とう」なんて思ってしまうのです。これを避けるためにも、ボールを置く前に、必ず後ろから見て平らな場所を探しましょう。これが「避けられるミス」の1つ目です。

ボールを置いたら、次に気をつけることはアドレスの方向です。2つのティーマーカーを結ぶ線が、フェアウェイの打つ方角と垂直になっていると思いがちですが、これも違います。異なる方向にティーマーカーが配置されているコースもあります。

さらに、我々アマチュアの多くは、自分の狙った方向と平行にアドレスすることができていません。狙っている方向より右側にアドレスしてしまう人が多いようです。ですから真っ直ぐなナイスショットをしても、狙った方向より右側へ飛んだボールを見てミスショットだと誤解し、左側に引っ張るスイングに変えてしまうなんてこともあるのです。これを避けるために、一緒に回る友人やキャディーに後ろに立ってもらい、アドレスの方向を確認してもらいましょう。左を向いているように感じる人もいると思いますが、それが正しい方向のアドレスであることを体に覚えさせましょう。これが「避けられるミス」の2つ目です。

https://www.facebook.com/wangjuntrgolf/photos/?ref=page_internal

上の写真を見てください。ティーイングエリアの前方右側が丸く削られていて、視覚的に左から右へ傾斜しているように見えます。そして2つティーマーカーも少し右側を向いています。ここで正確にフェアウェイに向かってアドレスするのは難しいです。後ろに2クラブレングス(ドライバー2本分)下がっても良いので、後ろから見て最も平らな場所を探してみてください。そしてアドレスの方向を誰かに確認してもらいましょう。

実は自分で方向を確認する方法もあります。アドレスをした状態でゴルフクラブを両足の爪先にくっつけるようにして地面に置きます。クラブから手を離して、後ろからシャフトが向いている方向をチェックすれば自分がアドレスしていた方向がわかります。ティーイングエリアでやると時間が掛かり他のプレイヤーに迷惑をかけますので、セカンドショットやロングパットをした後などに自分でチェックしてみることをお勧めします。

「して良いミス」ってなに?

次に「して良いミス」について説明します。フェアウェイからグリーンを狙う状況を連想してください。ピンまでの距離は145ヤード。グリーン左側には大きな池が広がり、グリーン右側の奥には深いバンカーがあります。ここでしてはならないミスは、池と深いバンカーに入れること。そして「して良いミス」は、グリーン手前のフェアウェイ右側に外すこと。なぜなら、フェアウェイからアプローチする方が、池やバンカーに入れる場合より少ない数で上がれる可能性が高いからです。つまり「して良いミス」とは、想定されるいくつかのミスの中で、最も少ないスコアで上がれる可能性を選択することを言います。

それではこの状況で具体的に何をすべきでしょうか?池を避けるためにグリーンの右側を狙い、145ヤード飛ばないクラブを選ぶのです。もしあなたの7番アイアンの飛距離が150ヤード、8番アイアンが140ヤードなら、8番アイアンを選びます(あくまでも100切りマネジメントです)。ナイスショットならグリーン右のピンから5ヤード下にナイスオン。失敗してもグリーン手前で大叩きが避けられます。

100切りコースマネジメントで大事なのは、様々な可能性から最も安全なものを選択することです。「8番アイアンの飛距離は140ヤードだから、145ヤード先のピンに届かない。7番アイアンで少しだけ弱く打てば、ピンに寄るかも」と考えてしまいがちですが、池とバンカーに届くクラブを選択するのは危険です。それよりも8番アイアンなら100%バンカーに届かないので安全と考え、リラックスしてプレーすることが大事です。


「避けられるミス」と「して良いミス」のコース・マネジメント、いかがでしたでしょうか。ボールを打つスキルとは関係なくスコアアップが狙えるこの方法を、是非試してみてください。これが少しでも役に立ち100切りに繋がれば幸いです。是非実践してみてください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
19番ホール
シェアする
ゴルタイ

コメント