ユーティリティーか7Wか。。

外出自粛で暇を持て余していたので、ゴルフで自分がスコアを崩している原因はなんなのか、今の課題を検証してみることにした。私は各ラウンドのスコアとパット数、そして全体の平均スコアとオーバー率をエクセルに記録している。ホームコースのみのデータを使い、オーバー率が低いホールから並べてみた。恥ずかしい数字だが仕方ない。ご了承ください。

打倒!バンパコン

一番上のパー3が平均スコア3.56で最も良く、オーバー率(3.56-3)が0.56。一番下のパー4の平均スコアが5.66で最も悪く、オーバー率(5.66-4)が1.66になっている。ピンク色の部分は、オーバー率が1以上のホール。これは平均でボギー以上を打っているホールだ。

最も平均スコアが悪いホールから検証してみる。パー4の397ヤード(5番ホール)。左ドッグレッグで、220ヤード辺りにフェアウェイ全体を横切る広大なフェアウェイバンカーがある。キャリーで230ヤードならバンカーを超えるが、入れてしまうと残り170ヤードぐらいのバンカーショットになる。私はドライバーか3Wでバンカー手前に置いて、190ヤードぐらいをユーティリティーで打つ。これは大抵グリーンに届かず、3オン2パットのボギー。アプローチをミスしたりバンカーに入れるとダボ以上になることも。

Lay-out

次にパー4の400ヤード(8番ホール)。右ドッグレッグ。フェアウェイ右側の180ヤード地点には50ヤードの縦長バンカーがあり、フェアウェイ正面から左には230ヤード先に池がある。右のバンカーを超えるにはキャリーで220ヤード以上必要だが、バンカーの右はOBになっているので危険。私はドライバーまたは3Wで正面の池の手前に打ち、残り180-190ヤードをユーティリティーで打つ。池はグリーン左側まで広がっており、フェアウェイ中央から右側を狙うが、グリーン手間か、右ラフに入る。右ラフからグリーンは下り傾斜になっていて、アプローチをヘマすると、前述のホールと同じくダボ以上になってしまう。

次はパー5の505ヤード(18番ホール)。実はこのホール、パーの数も多い。池越えの砲台グリーンになっていて、3打目がオンするか、ダブって池ポチャするかでスコアが決まる。

次はパー4の340ヤード(6番ホール)。直線距離は短いが、大きく曲がった左ドッグレッグで、フェアウェイ左のカート道はOB。それでフェアウェイ中央から右側を狙うが、フェアウェイ中央にいけば残り160ヤード、右側にいくと残り200ヤード以上になる。2打目はボールの位置によって6番アイアンから5Wまで変わる。幅の狭い縦長グリーンは距離感が難しく、ピンの位置によっては3パットを叩いてしまうことも。

ワースト4ホールを簡単にまとめるとこんな感じだ。これを見る限り、私の課題は180~200ヤードになりそうだ。アプローチも大事だが、同伴の友人と比べると、あることに気づく。70台でラウンドする彼は、180~200ヤードのセカンドショットを左右にミスすることはあっても、縦距離はズレない。私みたいにグリーン前に20ヤード残す、なんてことは絶対にしない。距離が正しく左右にブレればグリーン周りのバンカーに入ることも出てくるが、それをちゃんとピンに寄せて1パットのパーに収める。ここで検証すべきことは、残り10~20ヤードのアプローチと、グリーン周りのバンカーの、どちらが少ない数でホールアウトしているかということだ私の場合、バンカーからの方が少ない数で上がれている。20ヤードアプローチはざっくりしたり、トップでグリーンオーバーしてまたアプローチに失敗したりと、大叩きすることがある。つまり、左右のブレより縦距離をきちんと打てるクラブがスコアップに必要という結論になった。

練習で打てるようにするのも大事だけど、道具に頼るのがやっぱり楽。商品選びも楽しいしね。私のユーティリティーは10年以上前のもので、ロフトが寝ているので180ヤードしか飛ばない。21度か19度のユーティリティーにするか、それとも7Wの方が良いだろうか。一般的にドライバーが好きな人はウッド向き、アイアン好きな人はユーティリティー向きとどこかで読んだ。自分は。。わからん。ただウッドの方が縦距離のブレは少ないイメージがある。オンラインショッピングでいろいろ物色してみよう。

コメント