PR

トレランシューズは未来のゴルフシューズ!

林道や登山道などを歩いたり、走るために開発されたトレイルランニングシューズ(通称トレランシューズ)。実はゴルフ用シューズとしても最適で、私は常にトレランシューズでゴルフをしています。 今回はトレランシューズの特徴を説明しながら、なぜゴルフにも適したシューズなのかを詳しくご紹介します。ゴルフシューズが自分の足に合わない方、たまにしかゴルフをしないのでゴルフシューズ購入をためらっている方には、ぜひ読んでいただきたい内容です。

トレランシューズの特徴

トレイルランニングシューズは、登山靴と言っても間違いではありません。ですが一般的な登山靴と異なるのは、山岳レースなどで走ることを目的に作られていて非常に軽量であることです。そして軽量ながら登山靴のようなタフな作りになっています。ソールは土・草・岩の路面を快適に走れる特殊な形状と素材を起用し、アッパーは泥・雨・ホコリに対応できる、速乾性にも優れた素材が使われています。耐久性に優れ、スニーカーと変わらない軽さと柔らかな履き心地を実現しているところが特徴です。

https://www.cleverhiker.com/

カジュアルなデザインで、派手な色のモデルが多いです。

https://gearjunkie.com/

小川や泥道などの悪条件も走破できるよう、防水機能が付いたモデルもあります。

https://outdoorsmagic.com/article/best-trail-running-shoes-reviewed/

なぜトレランシューズでゴルフ?

トレランシューズを知る前は、様々なメーカーのゴルフシューズを履いていました。ですが幅広い私の足にフィットするものは残念ながらありませんでした。

これらは集めたのではなく、痛みが原因で集まってしまったのです。。

ショップで試し履きしたときはフィットしたように感じても、実際ゴルフコースで履くと足に水ぶくれができたり、爪の内側が内出血になったり、ラウンド後に足がつったりしました。そこでインソールを変えたり、厚さの違うソックスを履いたり、バンドエイドを貼ったりと、試行錯誤しました。しかしどれも完全な解決策にはならず、仕方なく新しいゴルフシューズに手を出して、また同じ失敗をするという繰り返し。ついにはゴルフの楽しみより足の痛みの方が上回って、ラウンドする回数が激減しました。

そんなある日、下の衝撃的な画像をネットで発見したのです。アルトラ(ALTRA)というシューズを知った瞬間でした。

https://www.altrarunning.com/blog/altras-core-3.html

左が一般的な靴を履いたときの足の形状、右がアルトラを履いたときのもの。一般的な靴は足の指が窮屈に曲がっていますが、アルトラの靴は靴の先端が広く、足の指がしっかり伸びている。自分の足と同じ形じゃないか!これが自分が求めていたものだと直感し、すぐ購入しました。

ゼロドロップーアルトラのもう1つのコンセプト

私が選んだのは、アルトラのモデルで最も人気のあるトレランシューズ、ローンピーク(Lone Peak )。

商品紹介を読んでみると、アルトラはより速く走るためのシューズではなく、人間が自然に「直立」「歩行」「走行」する上で最も効果的なシューズを開発しているとありました。この創業者の父がマラソンランナーで膝を故障し、数あるスポーツの中でマラソンランナーが最も足を故障するという点に疑問を感じたのが開発の始まりで、そこで生み出されたのがTOE BOX(足の指の部分)に余裕をもたせて、前足部が地面に接地した時に横アーチが衝撃を吸収しながら沈み、指先が広がるようにするデザインだったそうです。


そして素足の歩行と同じ状態を作り出すゼロドロップというコンセプトも、アルトラの大きな特徴の1つです。これはヒール部分とつま先部分の比率が1:1、つまり地面からの距離が同じなのです。ほとんどの靴は地面からの距離がヒール2:つま先1の比率になっている(つまり、かかとの位置がつま先より高い)。ゼロドロップは平らな面を素足で歩行するのと同じバランスなので、「ヒールストライク」を減少し、着地面積を広げる。それが自然で正しい姿勢とアラインメントを保ち、関節、腱にかける衝撃を劇的に減らす効果があるのだという。走るのみならず、歩く運動でも、不自然な姿勢の状態をただし、人間のもっともバランスの取れた自然な状態を作り出すシューズ。これがアルトラのコンセプトなのです。

早速これを履いてゴルフをしてみました。

まず感じたのは、履き心地の良さです。ローンピークは298gと軽量で、柔らかさとクッション性もスニーカーとほぼ同じ感覚。以前履いていたアディダスのゴルフシューズ、フォージファイバーも軽量を特徴とするモデルですが370gあり、明らかにローンピークの方が軽快。

ゴルフシューズの重さについては、昔から様々な議論がありました。「若干重い方が疲れない」と主張する人も少なくなりません。ところが近年のゴルフシューズ・メーカーの傾向を見ると、軽量化は確実に進んでいます。ミズノの人気ゴルフシューズ「ジェネム(JENEM)」は非常に重厚で重いのが特徴でしたが、最近のモデルは420gまで軽量されました(それでもローンピークの298gとは比べ物になりませんが)。今後もゴルフシューズ進化に軽量化は外せない項目でしょう。

話をアルトラに戻します。アルトラの特徴である足のつま先部分が広くなっている形状は、5本指ソックスを履いても指を思い切り広げられるほど余裕があり、アドレスで地面を掴み踏ん張ることができました。そして18ホール歩いても、足はどこも痛くなりませんでした。これならゴルフを続けられる!靴擦れで絆創膏が手放せなかった私でしたが、この日から絆創膏を携帯する必要はなくなりました。

バンカーのグリップもゴルフシューズと変わりません

アルトラのもう1つのコンセプト、つま先とかかとの高さが同じゼロドロップも、私にとっては良い結果となりました。というのも、私が履いたゴルフシューズは、歩行中に足の指が靴のつま先にぶつかり圧迫される問題が度々起きたからです。それらのシューズの”かかと”が”つま先”より高くなっているのが原因なのか、あるいはきちんと紐で自分の足を固定していなかったのか、はっきりした原因はわかりませんが、つま先とかかとの高さが同じゼロドロップのアルトラは、素足で地面を歩いているのと同じ感覚なので、靴の中で足がズレることは起きませんでした。

トレランシューズがゴルフに適している点

アルトラを半年履いてみて、トレランシューズはゴルフに非常に適していると実感しました。まず先に挙げた軽量であること。そしてグリップ力がしっかりしている。 アルトラを含む多くのトレランシューズのソールは、濡れた岩場でも滑らないよう、粘り気があり、若干柔らかい素材が使われています。この硬すぎないソールが気持ち良く、クラブハウスやカート道などの硬い路面では、ソフトスパイクのゴルフシューズより断然歩きやすいのです。このローンピークに限って言えば、ソールは普通のスニーカーと同じ感覚。私は買い物や散歩など、普段履き用シューズとしても履くようになりました。

ソールのカラフルな色と小さな足マークは、ローンピークの全モデルで受け継がれています。ソールの中央にある黒の部分は飾りではなく、中に硬いプレートが入っています。山岳を走っている際に、木や石の突起から足を保護するためのものです。

ローンピークは、通気性も優れています。なぜなら排水穴が靴の先端に3つ設けられているからです(写真下。矢印の部分)。防水じゃないの?と驚く方もいるかと思いますが、山岳レースでは小川を走ることもあるので、たとえ水が入っても放水させて靴の中を乾かす機能があるのです(防水タイプの靴で足首から川の水が入り込むと、水がいつまでも中に残り足の負担になるとのこと)。

ゴルフにおいては、スプリンクラー程度の水であれば靴の中が濡れることはありません。雨は放水穴から入ってきますが、ちょっとしたスコールなら雨が上がって歩いているうちに乾いてきます。シトシト降り続く場合は、つま先の部分がずっと濡れるのでオススメしません。濡れたら帰宅後にインソールを外して、下駄箱に置いておけば半日で乾きます。

「どんなに軽快でも、穴が開いてるんじゃゴルフシューズとして使えない」という方には、防水タイプのローンピークもあります(写真下)。私がこれを選ばなかったのは、若干重いのと(374g)、通気性が悪いと靴の中が蒸れるから。タイは短時間で雨が止みますし、使用した6ヶ月間にソックスが濡れることはありませんでした。暑い日は放水穴から蒸れた空気が外に出て、足は快適でした。

トレランシューズがゴルフに適していない点

いろいろ考えてみたのですが、正直な所、適していない点はありません。「いま売られているゴルフシューズが、全てアルトラと同じ先端が広い形状になったとしたら買うか?」という質問を自分に投げかけてみたのですが、おそらく買わないでしょう。

それは先に述べたとおり、トレランシューズの方がゴルフシューズより履き心地が良いからです。軽くて、柔らかくて、硬い路面でも柔らかい路面でも歩きやすいソールで、足の指を思い切り広げてスイングができて、靴の中が蒸れることなく、18ホール歩いても全く疲れさせないシューズだから。簡潔に言うと、ゴルフ場を「裸足で歩いている」快適さなのです。個人的な意見ですが、トレランシューズは未来のゴルフシューズだと思うのです。

唯一、トレランシューズの欠点を挙げるとすればデザインですかね。トレランシューズは山岳で映える派手な色のデザインなので、それを嫌うゴルファーは少なくないでしょう。真っ白なトレランシューズがあれば最高ですが、山岳では汚れが目立つので、白のトレランシューズは存在しないのです。なので私は、アルトラのロードランニングシューズ、 トーリン4.5プラッシュ(TORIN 4.5 PLUSH)を購入し、ゴルフでもたまに履いています。これなら白パンと合うし、ソールのグリップも十分!

なんてことをしていたら、アルトラから新モデル、ローンピーク5.0が発売されました。

4.5から5.0へ、基本スペックは変わってませんが、排水穴の位置が変更され、かかとのホールド感が向上し、靴紐もほどけにくい太めのものになりました。赤色と迷いましたが、服に合わせやすい明るいグレーを選択。

私のゴルフ人生はこのアルトラ(ALTRA)シューズによって変わりました。5本指ソックスを履いても、足の痛みを全く気にせずゴルフを満喫できて大満足です。

誤解を避けるために書いておきますが、私はゴルフシューズからトレランシューズに変えるべきと推奨しているわけではありません。年に数回しかゴルフをしない人、普段履きとしても使えるシューズを探している人、あるいは私のようにゴルフシューズによる足の痛みや疲れに悩んでいる人に、是非ともお勧めしたいのです。まずはショップで手にとって試し履きしてみてください。きっと気にいると思いますよ!(*日本のゴルフコースには、トレイルランニングシューズでのラウンドを禁じている所がある可能性もありますので要確認です)

アルトラの2024年モデル

アルトラの2024年モデル、ローンピーク8。機能はこれまで通りですが、昨年ぐらいからデザイン(配色)がイマイチと感じるのは私だけでしょうか。。。下で紹介している他のメーカーのトレランシューズの方が格好良い。

ローンピーク8のレビュー動画です。

アルトラ以外にオススメのトレランシューズ

【ONオン】クラウドウルトラ

【アディダス】テレックス・スピード トレイルランニング

【ホカオネオネ】スピードゴート

【ナイキ】エア ズーム ペガサス 36 トレイルランニングシューズ 

[アシックス]トレイルランニングシューズ GEL-Trabuco 9 防水

オークリーのゴルフ用サングラスが大特価!

世界中のプロゴルファーに愛用されているオークリーのゴルフ用サングラスが最大50%オフの大特価になっています!

1)RaderLock

松山や渋野が使用しているモデル。プロフェッショナル感が漂うデザインですね。これはプリズムゴルフレンズ装着のモデルで参考価格33,220円が42%オフの19,393円!

2)Flak 2.0 XL

目の下までしっかりカバーするXLサイズのレンズが装着されたモデル。オークリーのゴルフ用サングラスの中で最も人気があります。これはプリズムダークゴルフレンズが装着されたモデル。参考価格27,610円が44%オフで15,400円!

3)Flak 2.0

Flak 2.0XLと比べスリムで、レンズがフレームの中に収まっているタイプ。オークリーを人気ブランドにさせた代表モデルの一つです。これはノーマルのプリズムゴルフレンズ装着モデルで、アマゾンで参考価格27,610円が50%オフで13,837円!

4)Mercenary

パフォーマンスに根差し、スポーツデザインへの新しいアプローチに包括されたOakley® Mercenaryは、パフォーマンスアイウエアとしての格を上げました。ダブルブリッジ構造とより大きなラウンドシェイプにより作り上げられた、スタイリッシュさが際立ったスタイルは、試合中のパフォーマンスをアップします。これはノーマルのプリズムゴルフレンズ装着モデルで参考価格26,620円が20%OFFの21,333円

オークリーのゴルフ用サングラスの詳細については、以下の記事を参照してください。

ゴルタイのSNSをフォローしよう

ゴルタイのフェイスブックツイッターでは、タイのゴルフ場のプロモーション情報を毎日配信。ぜひフォローしてください。ゴルタイLINEもやってます(不定期配信)!以下のボタンをクリックするか、QRコードをスキャンして友だちに加えてください!

เพิ่มเพื่อน

コメント